スポンサードリンク

ゴールデンボンバーの女々しくてがなぜここまで人気なのかをまとめてみた。

ゴールデンボンバーの人気の曲と言えば「女々しくて」が代表的です。

彼らを一躍人気者にしたのがこの曲であり、ライブやカラオケでも定番の曲となっています。

なぜこれほどまでにこの曲の人気が高まったのか、理由としてはキャッチーや歌詞や馴染みやすいメロディラインを押さえていることが挙げられます。

特にサビの部分は、つい口ずさみたくなるような中毒性を備え、しかもトーンも高くないことで誰でも歌いやすいです。

スポンサードリンク

曲としてのハードルが低く知名度も高い曲ですのでカラオケの選曲としても適しており、万人に受け入れられたのはある意味自然なことだったと言えるのかもしれません。

簡単にできる振り付けがあることで、カラオケでも盛り上がれるというのもヒットした理由に挙げられます。

女々しくてのサビ部分ではお馴染みの振り付けがなされていますが、初見でも簡単にマネをすることができます。

振り付けがあることでカラオケの演出としても取り入れやすい上、誰でもできることで一体感を生み出せるはずです。

ゴールデンボンバー自体がエアーバンドのため、堅苦しさがないのも人気の理由でしょう。

いかにもなロックバンドですとハードルも高くなりますが、お気楽バンドゆえに良い意味でハードルが低くカラオケでもトライしやすいです。

歌唱力もそれほど求められず、とにかく盛り上がるには打ってつけです。

ゴールデンボンバーのヒット曲を集めてみた。

これまでバンドというと、ボーカルの他にドラムやギター、ベースなどを演奏するメンバーで構成されているのが一般的でした。

しかし、楽器を演奏することが出来ないにも関わらず、エアバンドを名乗り人気を得たのが、ゴールデンボンバーです。一見すると楽器を演奏しているように見えますが、ボーカル以外は全てがエアです。

そんなゴールデンボンバーの最もヒットした曲としては、「女々しくて」があります。

疾走感があり、これまでにはなかった歌詞・メロディが人気を集めました。歌いやすいということもあり、カラオケでも幅広い年代に支持されています。

その他には「元カレ殺ス」、「また君に番号を聞けなかった」などがあります。

ゴールデンボンバーというと、カラオケで盛り上がることが出来るようなアップテンポな曲をイメージする人もいるかも知れませんが、以外にもバラードである「広がる世界」も人気があります。

また、最近はバブル時代に流行ったものなどが再び注目を集める機会も多くなってきていますが、「DanceMyGeneration」はそんなバブル時代を彷彿とさせるような懐かしいメロディでこの時代を生きた人には懐かしく、若い世代には新しい曲として人気のようです。

ゴールデンボンバーのライブでのルールとは?

インターネットやメディアの普及に伴い、音楽を趣味にしている方も増えてきました。

一言に音楽と言っても色々なジャンルがありますし、歌手やグループを挙げると切りがありません。

メジャーなバンドグループもその中の1つですが、知名度で言えばゴールデンボンバーは世代や性別に関係なく多くの方が御存知でしょう。

ボーカルの鬼龍院翔ら4人からなるゴールデンボンバーは2013年に代表曲である「女々しくて」がカラオケランキングで新記録を樹立し、紅白歌合戦にも出場するなどテレビやインターネットなどで幅広く活動しています。

ゴールデンボンバーの大きな特徴はバンドグループでありながら、基本的にボーカル以外のメンバーは楽曲に合わせ楽器を演奏するフリをしている「エアーバンド」であることです。

楽器演奏以外でのパフォーマンスが人気で、ライブパフォーマンスも高い人気を誇ります。

ゴールデンボンバーはエアーバンドでありながらヴィジュアルケイバンド(V系)でもあります。

V系のライブではヘッドバンキングを行うことも多々あるので、観客席では隣同士で髪の毛や手がぶつかることもあります。

ぶつかった際は素直に謝りましょう。

また、それに伴いヘアピンなどのヘアアクセサリーやヒールの高い靴は怪我の原因となります。

もちろん、ピンヒールは厳禁です。

スポンサードリンク