スポンサードリンク

ゴールデンウィークの名前を付けた仕事会社とは?

一般に知られているゴールデンウィークは4月末から5月初めまでの平日を含む連休のことです。

今では誰でも知っているゴールデンウィークという名前ですが、いつ頃からそう呼ばれたのでしょうか。

国民の祝日に関しては1948年7月に施行された法律によって決められたので、5月の大型連休は1949年5月から始まりました。

スポンサードリンク

施行当時はまだゴールデンウィークという言葉はなく、休日に皆で楽しめる娯楽は映画でした。

ゴールデンウィークという言葉は映画会社の造語であるという説が一般的です。

1951年に日本の映画会社の大映が「自由学校」という題名の映画を上映しました。

すると年末年始やお盆の休みよりも、5月の連休中のほうが興行成績が良いことがわかりました。

それで、当時大映の専務であった松山英夫氏がゴールデンタイムになぞらえて、5月の連休をゴールデンウィークと呼びました。

ゴールデンタイムは19:00から22:00までの3時間の事で、ラジオやテレビの視聴率が高くなる時間帯のことです。

現在でもゴールデンタイムは放送用語として使われています。

大映ではゴールデンタイムのように視聴率が上がるようゴールデンウィークも興行成績が上がる週間という意味で名づけました。

この名前が広く知られたのは翌年の1952年からで、今では日本国内だけでなく世界にも知られています。

ゴールデンウィークに行きたい観光地ベスト5を作ってみた

ゴールデンウィークに行きたい観光地ですが、ベスト1は千葉県の浦安市になる東京ディズニーリゾートです。

東京ディズニーランドは今年開園から35周年を迎えて昼のパレードが新しくなり、グッズもたくさん販売されています。

東京ディズニーシーでは、35周年のお祝いをミッキーやミニーその他の仲間たちが豪華な船に乗ってハーバー登場したり、イースターも開催されています。

ベスト2は山梨県笛吹市です。

温泉旅館がたくさんあり、温泉につかりながら日々の疲れを癒し美味しい料理も堪能できます。

また、フルーツパークなどもあり旬のフルーツを家族みんなで味わうこともできます。

ベスト3として鎌倉があります。

歴史ある神社やお寺を散策しながら風情を楽しむことができます。

ベスト4として横浜みなとみらいがあります。

かつては造船所や鉄道用地で2つに分かれていた横浜の都市部を一体化し、オフィスや商業、文化、アミューズメントなど多様な機能が集積した地区です。

夜景はとてもきれいなのでホテルに泊まるとゆっくり夜景を堪能することができます。

また近くには中華街もあるので本格的な中華料理も楽しめます。

ベスト5として、静岡県裾野市にある富士サファリパークです。

お子様連れのお出かけにはピッタリのスポットで車に乗りながら動物をすぐ近くでみることができます。

また犬や猫のふれあいコーナーやレストランもあるので大人でも楽しめます。

ゴールデンウィークの最長休みになる条件とは?

ゴールデンウィーク期間中の休みは、間に休みを取れるかどうかでも異なります。

仮に平日に休みを取得できないと仮定した場合は暦通りとなり、ゴールデンウィーク期間の休日は最長で8日間、連休は最長で5連休です。

期間中の休みが8日間となるのは、4月29日の「昭和の日」が金曜日のケースで、金曜日から日曜日までの3連休と、5月3日火曜日の「憲法記念日」から5月5日木曜日の「こどもの日」までの3連休のほか、週末5月7日と8日の2日間を合わせて計8日間です。

直近では2022年が該当し、2033年と2039年も当てはまります。

連休としては5連休が最長で、5月3日の憲法記念日が水曜日の年は、5月7日の日曜日まで5連休となるほか、5月1日か5月2日、もしくは5月3日が土曜日の年も同様ですが、期間中の休日は合計7日間です。

平日に休みを取得できる場合は、昭和の日が金曜日となる年の期間中の平日2日間を休日とできれば、10連休で10日間の大型連休となります。

ただし一般企業のうち暦通り休日をとっている企業では、大型連休期間中の平日を社内の就業規則で休日としている例も少なくないため、個人的に休みをとらなくても10連休となる場合があります。

スポンサードリンク