ゴキブリの赤ちゃんに遭遇!それは危険なサインかも!?

自宅でゴキブリの赤ちゃんに遭遇した場合には、それはかなり危険なサインである可能性があります。ゴキブリの赤ちゃんがいるということは、つまり室内にゴキブリの巣がある可能性が高いということです。

 

ゴキブリの巣の中には幼虫がたくさんいて、次から次へとゴキブリの赤ちゃんが生まれ、出現する可能性も考えられます。そのためゴキブリの赤ちゃんを見かけた場合には、根本的な駆除を行った方がよいといえます。

 

根本的な駆除を行う方法としては、コンバットが有効です。目の前に現れた一匹だけを退治するのではなく、巣にいる他のゴキブリもまとめて倒すことができるでしょう。ゴキブリの赤ちゃんにコンバットのえさを食べてもらい、巣の中で全滅させるのです。

 

そしてゴキブリがいなくなるスプレーというものも販売されています。自宅に2週間に1回噴射することにより、ゴキブリが家からいなくなることが期待できます。玄関やベランダなどにも噴射して、室外から新たなゴキブリが侵入することも防ぎましょう。

二度と見たくない人のためのゴキブリ対策マニュアル

ゴキブリ対策の基本となるのは、エサとなるようなものを家の中に放置しないことです。

食べかすはもちろんのこと、髪の毛や爪など、ゴキブリは何でもエサにしてしまいます。特にダンボールは巣になってしまうこともあるので、掃除と整理整頓をきちんとすることが大切です。

 

さらに、例え食べ物がなくとも水だけで長期間生きることが可能なため、シンクなどに水を溜めたままにしないよう気をつけましょう。

 

また、ゴキブリはじめじめして温かく、暗い場所を好みます。そのため浴室の他にも、冷蔵庫や電子レンジといった家電製品の裏などは巣としての条件を満たしやすいので、ゴキブリが隠れていないかチェックするようにしましょう。

プランターや植木鉢なども巣になりがちなため、見落とさないように注意します。

 

最も重要なポイントは、そもそもゴキブリが侵入しないようにすることです。ドアや窓を開けたままにしないだけでなく、ゴキブリが嫌うミントの香りを活用することも効果的です。

殺虫剤が効かない?プロ顔負けのゴキブリ対策法

ゴキブリの対策として最も大切なのはゴキブリの侵入を防ぐことです。

 

ゴキブリ殺虫剤は万が一侵入された時に使用するものであって、ゴキブリが住居にすみついてしまっている時はそれほど高い効果を得られません。それは住居の中に巣ができてしまっている状態であり、卵からどんどんと新しいゴキブリは湧き出てきます。こういう状態になってしまったら業者に頼んで建物を丸ごと清掃しなければなりません。

侵入対策としては家に空いている穴を全てふさぐことが必要です。

 

意外と見落としやすいのが上下水道のパイプを通す穴です。構造上必要なものですが、ゴキブリが侵入する原因になるので、ネットなどで覆っておくことが推奨されます。

 

また窓には必ず網戸を設置します。目の細かいものであればゴキブリに限らず虫の侵入を防ぐことができます。

万が一侵入されてしまった際の対策は熱湯や殺虫剤をかけて殺す、毒の餌をまいてそれを食べさせて殺す、粘着シートのゴキブリホイホイを使用して捕獲するなどなど様々な種類があります。家の壁紙などの条件によって使い分けましょう。