スポンサードリンク

コーヒーメーカーのネスレ ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ PM9631の人気の秘密についてまとめてみた。

同社がリリースしているコーヒーメーカーの種類は多くカフェに設置するような高価格帯の物からオフィスに置く中価格帯、そして自宅で手軽に美味しいコーヒーが楽しめるタイプがありPM9631は主に個人宅での利用を目的とした低価格帯のモデルです。

しかし買い求めやすい価格設定がされていると言っても作り出せるコーヒーに見劣りするわけではなく、経済な負担が小さいのに本格的な味が手軽に楽しめるという強みがあります。

そのような魅力を生み出しているのがネスカフェが独自開発したエコである上にコーヒー粉を簡単に詰め替えられるようにしたシステムパックであり、PM9631ではスーパーマーケットなどで容易に購入可能なパックを使用するだけで粉の手配が完了します。

スポンサードリンク

そのためコーヒーが飲みたい時にコーヒーメーカーに使用可能な材料が用意できずに飲めないといった問題が起こらないため、日々の日課としてコーヒーを味わうユーザーに最適です。

しかも、気軽に購入できるたった一つの粉をコーヒーメーカーに投入し、メニューのボタンを一つだけ操作するだけで5種類ものコーヒーを生み出す事が可能です。

カフェラテをはじめカプチーノやブラックコーヒー、エスプレッソが自動で作れるので友人知人が集まる機会が多くてそれぞれも好みが違っても対応できます。

コーヒーメーカーのネスレ ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ PM9631の手入れの仕方についてまとめてみた。

コーヒーメーカーで手入れが必要なのはコーヒータンクの部分なのでその他の部分の手入れは必要ありません。

PM9631には透明のコーヒータンクが搭載されているので、コーヒータンクを一旦分解して手入れをしてから再度元に戻す必要があります。

コーヒータンクは計量器と合体していますが時計回りの方向に回すことで計量器から外すことが可能で、さらにコーヒータンクをひっくり返すと十字の形をしたプレートが付いているのでプレートも外します。

計量器の部分やゴムの部分については水で洗ってしまうと乾きにくくなってしまったりカビが発生するので、必ず乾いた清潔な布で汚れをふき取るだけにしておく必要があります。

計量器に乾いた布ではどうしても取れない汚れがある場合には少しだけ濡らした布などで汚れをふき取り、しっかりと乾燥させると綺麗に手入れできます。

計量器などを外して完全に分解したコーヒータンクの部分については、水洗いなどをしても問題はありませんが計量器やゴムの場合と同じで全体が乾くまでしっかりと乾かす必要があります。

手入れが終わったら十字のプレートを再度取り付けて、計量器を取り付けてコーヒーメーカーに戻せば完了となります。

コーヒーメーカーのネスレ ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ PM9631の美味しくコーヒーを飲める操作の仕方と、これはやってはいけないことを書いてみた。

ネスカフェゴールドブレンドバリスタPM9631は、自宅で本格的なカフェが楽しめるコーヒーメーカーです。

バリスタでは、5種類のバリエーションが楽しめ、しかも1杯あたりおよそ14円なので経済的です。

缶コーヒーより安く、ドリップしたての風味を味わえます。

使い方はシンプルで、カップをセットしたら電源ボタンを押し、次に5つあるメニューボタンから好きなボタンを押します。

メニューにはブラックコーヒーの他に、人気のカフェラテやカプチーノ、エスプレッソタイプなどが用意されています。

さらに便利な温めモードが搭載されていますので、温いと感じた場合は簡単に温め直せます。

その他、用意しておいた氷を使って手軽にアイスコーヒーも作れます。

注意点として、背面のタンクに入る水の量は最大で1リットルです。

ブラックコーヒー換算で約7杯分となり、それ以上入れると故障の原因になります。

またネスカフェバリスタには、専用カートリッジ以外の粉を使ってはいけません。

他のメーカーのコーヒー粉を使った場合、ネスカフェ用のフリードライを使用した時より味が落ちます。

さらに利用頻度にもよりますが、およそ1週間から2か月ごとにコーヒータンク内を分解掃除することが望ましいです。

 

スポンサードリンク