スポンサードリンク

コミュ障と人見知りは違う?その意味と治し方について

コミュ障と人見知りは厳密には違います。

どちらも、コミュニケーションに難があるという点では似ていますが、その実態はまったく違います。

人見知りの場合、初対面に対する恐怖が強く、知り合いであれば話すことができるという特徴があります。

スポンサードリンク

しかし、コミュ障の場合には、初対面に対する恐怖はそんなになく、逆に知り合いになればなるほど

話すことが難しくなるという特徴があり、その意味合いがまるっきり違うことがわかります。

つまり、コミュ障と人見知りは似て非なるものということになります。

 

治し方ですが、人見知りの場合はコミュニケーションに難があるのではなく、単に初対面が苦手というだけです。

そのため、場数を踏むことが大事であり、接客業のバイトなどで慣れていくのが一番です。

コミュ障はコミュニケーションに難があるため、まずは自分の弱点となる部分、

例えば、会話の仕方がわからないなどの部分を洗い出し、それを1つずつ克服していくことが大事です。

コミュ障女でも接客の仕事はできる?

コミュ障と呼ばれる、人とのコミュニケーションが上手にとることができない人が増えています。

しかしコミュ障の女性であっても、接客の仕事をすることはできます。

その理由として、接客の仕事には会社側がマニュアルを作っているからです。

マニュアルがあることによって、誰がお客様に接客をしても、一定水準のサービスを受けられるようにしています。

そのため、コミュ障の女性であっても、マニュアルを習得さえすれば、

お客様に対して満足してもらえるような接客サービスを提供することができます。

もしマニュアルにはない出来事が起こったら、仕事をしている場での責任者に助けを求めたら、対処をしてもらうことができます。

そのためコミュ障だからといって、接客の仕事を避ける必要はありません。

また多くの人に接する機会を得ることができますから、仕事としてお金を稼げるだけでなく、

コミュ障を改善できる可能性もあるので、一挙両得なことだといえます。

仕事やバイトで役立つコミュ障克服アプリ

仕事やバイトをしていて、コミュ障が壁となってしまうことがたくさんあります。

逆にコミュニケーションスキルをアップさせることで、効率良く人間関係を築いていくこともできますし、

それが仕事をよりはかどらせたり、成績アップさせるということにもつながっていきます。

 

コミュ障でお悩みの方に克服アプリがおすすめです。

色いろなものがありますが、会話ネタを仕入れるということから始めてみるのも良いでしょう。

ふとした時につかえる会話ネタを持っておくと、いざという時にとても役立ちます。

また、人とのコミュニケーションを取る事で、コミュ障を解決することができるという点では、人とつながることができるアプリもおすすめです。

マッチングアプリというのも、実は意外と効果を発揮することができます。

コミュ障に適した克服アプリは色いろありますので、目的に合わせて利用していくと良いでしょう。

口コミや体験談も参考にしてインストールしてみましょう。

コミュ障で仕事が辛い!続かない!対処法は?

我慢を捨てる!!

「どうして自分には仕事が出来ないのか、どうしていつもうまくいかないんだろう」という思いを捨ててみましょう。

自分の気持ちをまず自分自身が尊重してあげて下さい。

コミュ障はそうでない人達に比べると、出来ない事・苦手とする事が沢山たくさんあります。

出来ない事、苦手な事をあやふやにして、放って置いたり見ないフリをするのではなく

しっかり把握することで事前に危機を察知することができますし、対策を立てられます。

そうすることで余計な我慢から自分を解放することができ

仕事探しや職場など社会生活においても、

苦手意識をはっきりさせることで相手に物事を伝えやすくなると言われています。

気持ちを整理して自分が本当にしたい仕事を探してみよう

コミュ障のために仕事が続かない理由のひとつに、

子供の頃から周りの大人たちが心配して好きなことをさせてくれなかった、

将来の職業まで親や親戚が決めていたなど

親の期待に答えるべく、周りに気を使い自分のやりたい事より

親の意見を取り入れてしまい、親の目=フィルターを通して生きようとすることも原因の一つと考えられています。

親の目を通して生きているので、自分自身には合わないことを自ら選んでしまうという恐ろしい事になります。

自分自身に合わないので、続かないのも当然の事です。

親や世間の目、周りのペースを気にせずゆっくり時間をかけて、

一つ一つ気持ちの整理を行ないながら、自分のやってみたい事にチャレンジしてみる事をおススメします。

コミュ障がバイトの面接で気をつけるべきこと

コミュ障にとって、面接は大きな壁です。

面接をしてもらう側なので、必ず身だしなみには気をつけましょう。

どんなアルバイトでも、寝癖のままで家の中のような格好では面接にはふさわしくありません。

アルバイトなので、必ずスーツで!とまでは行きませんが、ある程度の身だしなみは必要です。

身だしなみの次に大切なのが笑顔です。

面接は初対面同士になるので、雰囲気や見た目が大事といわれても仕方ありません。

これはヘラヘラしろとか常に笑っている必要はありませんが、

面接で自分のことを話す際に無表情で受け答えをするよりも

ある程度表情を付けて話したほうが印象に残り、好印象を与えます。

面接を受ける際は気持ち口角を上げておきましょう。

人間が好印象を受けるのは、やはり笑顔です!

また面接の初めには、必ず「宜しくお願いします。」と一礼しましょう。

面接中は、面接官の目を見るのがベストです。

もし、どうしてもできないという人は、あごや鼻先に視線を向け、

きょろきょろ視線を動かさないようにしましょう。

自分を無理に飾る必要も演じる必要はありません。

わからない質問や答えられない質問があった場合「質問の意味が分かりません」などと正直に答えた方が無難です。

面接官の話をしっかりと聞き、質問には簡潔に答える事を心がけ、

問いかけを無視したり、

関係ない事を長々と話さないよう注意下さい。

そして、面接が終わり帰る際には、「ありがとうございました。宜しくお願いします!」と

面接をしてくれた事への感謝の気持ちと今後の意気込みを併せて挨拶をして退出しましょう。

スポンサードリンク