ゲーム業界に転職したい!年齢は何歳までなら大丈夫?

基本的にはゲーム業界でもどこの業界でも若い人材が求められていますが、転職に関してあまり年齢制限はありません。

実際の現場の声としては年齢が高くても30代前半が良いという声が多く、現場で働くスタッフは20代、ディレクター職などは30代が期待されています。

ゲームを制作していく上で事務作業ではありますが体力が必要となりますから、できるだけ若い方が良いのです。

スポンサードリンク

職場の平均年齢も20歳から30歳と若い現場になりますから40歳や50歳の方がいきなり転職して来ると最高齢になる場合もあるでしょう。

30代の募集はそれなりにありますが、40歳以降になると途端に少なくなりますが、

現場で必要なスキルやマネジメントスキルがあれば問題はありません。

業界未経験の方でしたら難しくなりますので、どこかで経験を積んでおく必要があるかもしれません。

ゲーム業界に転職したい場合は何歳までといった決まりはありませんが、現場が希望している年齢にある程度当てはまっている必要があります。

未経験でも大丈夫?ゲーム業界への転職に必要なスキルとは

昨今ではスマートフォンなどでゲームができるようになっているため、ゲームをプレイする上でのハードルは下がっています。

しかし、必ずしもゲーム業界は人手がたくさんあるわけではなく、求人募集もよく行われています。

ゲームは様々な要素で構成されているため、一概にこのスキルがないとダメというわけではありませんがあると有利なスキルはたくさんあります。

グラフィックに関するもの、システムに関するもの、プログラムに関するものいずれかのスキルを持っていれば転職に有利となります。

ゲーム開発には未経験であっても、動画作成やソフトウェアの開発などに携わったことがある方はその経験が転職の際に役立ちます。

ゲームにはシナリオがあるのでシナリオを書くスキルをもっている方も有利となります。

シナリオの執筆経験があればコンピューターに関する技能を有していなくても、その役割でかつやくできる可能性があるからです。

このようにゲームの一部分であっても活躍できる要素を見つけることでアピールポイントが見つかりやすくなります。

ゲーム業界に転職する際の転職理由や志望動機の書き方

アメリカではeスポーツと呼ばれる、テレビゲームを通した国際的な大会が開かれ人気を博しています。

日本でも優勝者が出てくるなどマスメディアでも話題となっています。

テレビゲームの波も来ているといっても過言ではありません。

そこで、ゲーム業界に転職しようとしている方もいるのではないでしょうか?

ここでは、転職する際の注意点をいくつか紹介します。

転職理由・志望動機の書き方

転職理由の書き方で注意することは、興味があるかどうかということが大前提です。

どのような目的でどのようなことをしたいのかをはっきり履歴書に明記して熱意をアピールすることが大切です。

辞めた理由を心身的なものというものは禁物です。

というのも、転職先でも同じようなことが起こったらどうするのと聞かれるからです。

そのため、自分のやりたい優先順位がゲーム業界だということをアピールする形の方が面接担当者も好まれます。

併せて企画力などもアピールすると効果的です。

熱意・目的・企画力などをアピールしていくことが成功するポイントです。

スポンサードリンク