スポンサードリンク

ゲリラ豪雨を予想してくれるアプリをまとめてみた。

ゲリラ豪雨を予測するアプリはいくつか存在します。

その1つはyahoo!天気というアプリです。

このアプリは日々の天気を教えてくれるアプリですが、情報の更新が早いのでゲリラ豪雨の情報に関してもチェックすることが出来ます。

スポンサードリンク

自宅のある地域と外出先の両方を手軽に確認できることも特徴となっています。

雨雲レーダーや雨雲接近通知、気温グラフなど機能に富んだアプリと言えます。

2つ目におすすめのアプリは雨マップです。

このアプリを市よすれば6時間後までの雨雲の動きや天気をチェックすることが出来ます。

雨量や水滴の量を視覚的に表示するアイコンが使用されている点も見やすいです。

天気の中でも特に雨に特化しているアプリとなっています。

よく行く場所については登録を行うことが出来、ワンタッチで切り替えられます。

3つ目はあめふるコールという雨が降る少し前にリアルタイムで教えてくれるアプリです。

雨が降る少し前なので傘などを用意するのは間に合わないかもしれませんが、ゲリラ豪雨対策としてはなかなか使い勝手が良くなっています。

通知する降水量や地点を設定できるので、自分の使いたいとおりにカスタマイズできる点も便利となっています。

アプリ同士を組み合わせるという方法もあります。

ゲリラ豪雨にあっても、落ち着いて対応するための心構えとは?

ゲリラ豪雨になることで、さまざまな被害がでてしまいます。

また、状況によっては命の危険にさらされることもあるでしょう。

そのため急な状況で対処できずにパニックに陥らないためにも日ごろから災害時の状況をイメージしつつ避難所などの確認や天候などには常に注意しておきましょう。

災害時には、焦って行動してしまうことでケガや周囲にいる人たちも危険にさらしてしまうケースもあるためできるだけ落ち着いて行動することが重要です。

しっかりとした心構え、そして準備などをおこたらなければ安全性が高まります。

日ごろから家族や友人、知人ともゲリラ豪雨が起きたらどのように行動するか話し合いをしておくというのも大切です。

自宅にいる場合や外出中、どのような状況で被害を受けるかわかりません。

連絡を取り合うことができればいいですが、状況によっては避難場所や安全が確認できる状況になったら落ち合う場所などを決めておくと安心です。

さまざまな状況を想定しつつ、落ち着いて対応できるように話し合いをしておくことや避難をするための必要最低限の準備などを日ごろから行っておきましょう。

避難所にたどり着けない状況の場合には、周囲の状況などから臨機応変に対応していくことも必要ですが冷静な判断をすることも時には必要になります。

ゲリラ豪雨の名前の由来についてまとめてみた。

短時間にまとまって降る強い雨のことをゲリラ豪雨と表現することがあります。

実はこのゲリラ豪雨という言葉は一般の気象用語ではありません。

一部の気象会社とマスコミが使用している表現です。

正式には局所的大雨または局所豪雨といいます。

2008年の流行語大賞にゲリラ豪雨という言葉がランクインしたのを機に一般にも広く知られるようになりました。

元々ゲリラという言葉にはスペイン語で敵の後方や敵中を奇襲して混乱させる小部隊という意味があります。

軍事を連想させる言葉なので気象用語として使うのは不適切だという意見もあります。

大気が不安定な状態で起こる突発的で局地的な豪雨は発生場所の予想が難しいのでゲリラという言葉が使われるようになったのでしょう。

地球温暖化で日本の気候が亜熱帯化し、雨の降り方が変化してきていることが原因だといわれています。

夕立と似ていますが、夕立の場合はすぐに止み、大きな被害が出ることはほとんどありません。

一方、ゲリラ豪雨は激しい雨が1時間以上降るので洪水や土砂災害を引き起こす可能性が高いです。

もし遭遇したときは身の安全を確保できる場所へ避難し、雨が落ち着くまで待ちましょう。

雨が長い時間降っている時は建物の2階以上の高さにいた方がより安全です。

地球環境に伴い、気象条件も変化してきます。

大きな災害が発生した際に慌てずに済むよう防災について再確認しておくと安心ですね。

スポンサードリンク