スポンサードリンク

子どもから大人まで大人気のケンタッキーフライドチキンの理由についてまとめてみた。

ケンタッキーフライドチキンは子供から大人まで人気があり毎日多くの人が食べていますが、人気の秘訣は何といっても万人受けする点にあります。

美味しくなければ誰も食べたいと思いませんが、美味しいと思う食べ物は年代によって違うことが多いのでケンタッキーフライドチキンのように年代に関わらず好かれる食べ物は大変珍しいです。

その理由として挙げることが出来るのは日本人はチキンが大好きだと言うことで、その証拠に焼き鳥が嫌いだと言う人はあまりいないです。

スポンサードリンク

もちろんそれだけではなくケンタッキーフライドチキンの美味しさは癖になるスパイシーが沢山配合されていることで、これにより何時食べても美味しいと感じてまた食べたくなります。

またメニューが豊富に用意されている点も人気のある大きな理由で、様々な味を楽しむことが出来るので飽きが来ることはないです。

どんどん新作メニューが発表されるのでその度ごとに食べたくなりますし、そのようにさせてくれるほど魅力のある商品を沢山販売しています。

このようにケンタッキーフライドチキンが子供から大人まで人気がある理由は色々ありますが、手頃な価格で気軽に食べることが出来る点も大きな要因と言えます。

ケンタッキーフライドチキンの歴史についてまとめてみた。

ケンタッキーフライドチキンはアメリカの起業家カーネル・ハーランド・サンダースが設立。

大恐慌の時代(日本では昭和初期)にケンタッキー州のレストランでフライドチキン販売を始めた頃、レストランのフランチャイズビジネスができるのではと考え、1952年(昭和27年)に最初のケンタッキーフライドチキンのフランチャイズ加盟店がソルトレイクシティ(ユタ州)で誕生しました。

KFCはファストフード業界にフライドチキンを普及させ、ハンバーガーのライバル店として市場の多様化に努めました。

自分を「カーネル・サンダース」としてブランド化し、アメリカで重要人物の1人として、KFCの宣伝に広く利用され続けています。

日本では1970年3月に日本万国博覧会でKFCインターナショナルの実験店を出店、1日に最高280万円の売上を記録します。

1971年9月にはKFCフランチャイズ第1号店・江の島店開店、1972年10月にはカーネル・サンダース初来日。

その後も1992年7月までにKFCチェーン第1000号店・新千歳空港店開店、2010年にはKFC次世代店舗1号店・渋谷公園通り店開店する等、ますますの新展開に注目が高まっています。

ケンタッキーフライドチキンのおすすめを書いてみた。

カーネルサンダースおじさんでお馴染みのケンタッキーフライドチキン。

一番はやっぱり「オリジナルチキン」でしょう。

鶏をまるごと使ったチキンは5つの部類に分けられて販売されています。

足の部分でちょっと身が少ないけど食べやすいドラム、大きくて食べられる部分がたくさんあるリブ、脂身が少なく食べやすく、軟骨部分も楽しめるキール。

脂身が多くジューシーさが人気のウィングと、もっとも大きくて脂身も肉量もトップクラスのサイがあります。

残念ながら部位を指定して注文することはできませんが、それぞれに特徴があるので観察しながら食べるのも楽しいです。

オリジナルチキンは食べにくい、という人には「カーネルクリスピー」がおすすめ。

ささみの部分を使っていて骨もないので食べやすく、サクサクとした食感が美味しいです。

骨なしなら「骨なしケンタッキー」も良いです。

鶏の胸肉にオリジナルチキンをベースとした味付けを施したもので、オリジナルの美味しさと食べやすさを上手く両立しています。

そのほか、期間限定で販売される各メニューも変化が欲しい時や食べ比べを楽しみたい時に威力を発揮します。

セットで頼むことでお得になるパックもよく販売されるので、お試し感覚で注文してみるのもおすすめです。

スポンサードリンク