スポンサードリンク

クリスマスツリーの手作りの作り方を調べえてみました。

素敵なクリスマスツリーは、手作りすることができます。

手作りクリスマスツリーでは、厚紙や可愛い包装紙、ボタンなどを使いますので、早いうちから使えそうなものを取っておくと良いです。

また、カップケーキケースやモール、フェルトなどの材料も必要になります。

安くて入手しやすいものなので、みんなで選ぶのも楽しいイベントとなります。

スポンサードリンク

簡単で可愛いおすすめのクリスマスツリーは、包装紙を細めに丸め、短いものから段々に長いものまで作ります。

上から短いものを並べ、下になるほど長いものを持ってきます。

無地も良いですが、柄ものを使うとファンシーになります。

みどりを使うと、よりもみの木らしさが出ます。

幹の部分はアイススティックを束ね、麻紐でグルグル巻にすると幹っぽくなります。

雪をイメージさせる白いボードに貼り付けるととても可愛くなります。

カラフルなボタンを貼り付けると、装飾されたクリスマスツリーが完成です。

このように平面ではなく、立体的なクリスマスツリーも作ることができますので、一度チャレンジしてみましょう。

クリスマスツリーの歴史について調べてみた。

クリスマスツリーの歴史については諸説ありますが、実は木を飾るという風習についてはクリスマスができる前からありました。

古代ヨーロッパにあった冬至の行事である「ユール」というお祭りで、アダムとイブの木の象徴とされているリンゴの木を本来は飾りたかったのですが、ちょうど12月中旬から下旬頃に収穫を迎えるリンゴは飾る木としては不都合でした。

そのため、常緑樹であるモミの木を代わりに使うようになりました。

また中世ドイツではモミの木には小人が住んでいると信じられており、その小人達が幸せを運んでくれると考えていたのです。

そこで小人達がよそへ出ていってしまわないようにとモミの木に花や食べ物などを飾ってお祝いをしていました。

そういう史実もクリスマスツリーの由来の1つだといわれています。

この中世ドイツから伝わっていた風習をドイツ人だったアルバート公がイギリスのビクトリア女王と結婚したことをきっかけに伝え、やがてイギリスの一般家庭にも伝わりました。

19世紀頃になるとアメリカへ移民として渡ったドイツ人達によってアメリカの一般家庭にも広がっていきます。それが徐々に世界各国に伝えられるようになったのでした。

市販のクリスマスツリーの人気ランキングをまとめみました。

クリスマスシーズンに人気が高まるクリスマスツリーは、限られた季節の中だけの商品であることもあり、非常に多くの選択肢があります。

その中でも人気が高いものは、量販店などで比較的安価に販売されている卓上タイプのものです。

日本の住宅事情を考慮した場合、原寸大の大きなものよりは卓上タイプのものが選ばれ、その中でも装飾やライトアップなどの機能を兼ね備えたものの人気が高いと言えます。

また、より小さな手のひらサイズのものも同様に人気があります。

これは電池式でスイッチを押すと音楽が流れたり光のパターンが変わったりするのが一般的で、より気軽に、スペースを取ること無く雰囲気を楽しめるクリスマスツリーとして多くのニーズがあります。

人気の高いクリスマスツリーのランキングを見ると、スペースの問題と華やかさへの志向、そして価格のリーズナブルさを同時に満たしてくれる製品がユーザーから最も選ばれているという事が明らかになります。

 

スポンサードリンク