スポンサードリンク

カーナビのバックカメラを中古の車につける際に注意事項とは?

今や設置されていることが「当然」と言っても過言ではないカーナビですが、比較的製造が新しい商品になればなるほど機能が充実しています。

当然、最新機種であれば「バックモニター機能」は内蔵されているといえますが、これは純正品と社外品とでは大きく異なる点が多々あります。

特に、「カメラの設置場所」は非常に重要なポイントです。

カーナビに内蔵されているバックモニターを利用して駐車を行うのは、もはやマストです。

しかし、これは「映し出されている映像が確実なもの」という前提に立っているからこそ使用頻度が高いわけであり、仮に映し出されている映像と実際の状況に乖離がある場合は安心して使用できなくなってしまいます。

そうなってしまえば、バックの際に目視確認が必須となるだけでなく、余計な電力と配線が生まれてしまうのでコストが増大してしまいます。

購入した中古カーナビの設置を専門業者に依頼した場合には、適切な調整をしてもらえる可能性が高く安心できますが、自身でカメラを設置する場合は必要なポイントをあらかじめ把握しておくことが重要です。

そして、一人でだけ見るのではなく第三者の協力を得ながら調節をし、万が一にも表示される内容との乖離が出ないようにしましょう。

カーナビのおすすめなメーカーをランキング形式でまとめてみた。

GPSの精度も増してポータブルタイプも人気のカーナビですが、そんなカーナビの人気機種をランキング形式で纏めてみました。

まず、5位にランクしているのがパナソニックストラーダで、こちらは9Vの大画面とフローティング構造なのが特徴です。

フローティング構造の良い所は浮き上がっているので運転中も見やすい事と多くの車種に取り付けられるという点です。

そして4位にランクインしているのがテレビの通販でもおなじみのパナソニックゴリラです。

このナビはポータブルタイプなので面倒な取り付け工事が必要なくとても便利な事と、2020年まで無料で地図更新を行えるのも魅力です。

次に3位ですが、アルパイン「ビッグX11」がランクインしています。

このナビは大画面11型という事で、トヨタ車限定ですが大きな画面を求める方に人気があります。

また2位、1位はともに音質にこだわる方にとても好まれているカーナビで、2位はケンウッド彩速ナビ「MDV-Z704」・1位は三菱電機ダイヤトーンサウンドナビ「NR-MZ200PREMI」となっています。

2位の商品はユーザー口コミにおいて音質の評価がとにかく高く、1位の商品もまたハイレゾに対応していてお値段は多少お高いですが音にこだわる方に高評価なカーナビとなっています。

カーナビの大きさが違う理由と使い分けについてまとめてみた。

カーナビの一般的に普及されているサイズ。

近頃の殆どの車には必ずと言っていいほどカーナビが装着されています。

ひと昔前に比べてナビゲート機能だけではなく音楽を車内に流したり、地上波のテレビ番組を観たりする事ができるなど様々な便利機能だけではなく、ドライブを楽しくしてくれる機能などが搭載されていることから現在の普及率に繋がったと考えられています。

そのサイズも様々で7型をはじめ8型や9型、更にはワイドタイプなどが存在していますので目的に合わせて選ぶ事が重要です。

大きなカーナビを付けるメリット。

サイズの大きなものを取り付ける事で画面上の地図を確認しやすくなるのは勿論ですが、他にも上記にもあるテレビなどの鑑賞の際にも大きなサイズだととても観やすいです。

更に大型の車などでも後部座席の人からも画面を見る事が容易になる点も大きなサイズを選ぶメリットです。

小さいサイズを選ぶ利点について。

小さいサイズのカーナビを導入する利点も数多くあります。

その代表的なのがコンパクトな事です。

基本的に小さいと少しの隙間に取り付ける事ができるだけではなく、ダッシュボードなどに取り付ける事が可能な外部取り付け式のカーナビなら、カバンなどの小さな隙間などにも入るので旅行先などでレンタカーを利用した際や友人の車に乗った際などにカーナビがなければ取り付ける事も可能です。

CTLチャンネルの更新情報はこちらから

友だち追加