スポンサードリンク

可愛い!カワウソの赤ちゃんの値段は?

最近密かに、人気急上昇中のペットが、カワウソです。

あの瞳や独特な動きがとっても可愛いですよね。

ぜひ、カワウソをペットとして飼ってみたいと思う方も多いです。

スポンサードリンク

 

では、気になるカワウソの赤ちゃんの値段は、

いくらくらいなのでしょうか。

 

調べてみると、平均のお値段はなんと、70万円

相場は60万円~80万円で、ものによっては100万円はします。

最低でも60万は見ておいたほうがいいですね。

 

カワウソの寿命は、平均して12年ほどだそうですが、その飼育はとっても手間がかかり、大変です。

 

もともと水場で生活する生き物であるため、最低でも1日に1度は、水浴びをさせてあげなければいけません。

また、餌に関しても肉や魚を中心に食べるため、食費にもお金がかかります。

フェレットの餌で代用できる部分もあるようですが、

貝類・魚類・甲殻類をあげることも、欠かすことはできないため、餌に関しても注意が必要です。

とっても可愛いカワウソの赤ちゃんですが、実際飼うには相当な決心と覚悟が必須ですが、

とてもかわいいのは事実なので悩むところですよね。

値段以上に可愛いカワウソ!ペットとしてなつくの?性格は?

動物園や水族館で愛らしい仕草を披露して人気を集めているカワウソを、

ペットとして飼育する人が増えています。

 

犬や猫と違ってカワウソは人間になつくのか、飼いやすいのか?

と疑問に思われる方のために詳しくカワウソの性格について解説していきます。

カワウソの性格はとっても大人しく争いごとを避ける傾向になり、集団生活を苦手とします。

好奇心が旺盛で、動物園や水族館で愛らしい姿を見せてくれます。

その理由は、カワウソにとって人間も観察対象になっているからです。

 

カワウソは警戒心が少ない分、人間にもとってもなついて接してくれるので

施設によっては芸を仕込んでいるところもあるほどです。

 

ただ、発情期になるとオスのカワウソは大きな声で鳴き獰猛になります。

この期間はなるべく静かな部屋で過ごさせないといけません。

カワウソの飼い方として理想なのはオスメスのペアで飼育をして、

遊び相手に困らないようにするのが望ましいです。

 

カワウソはペットとして飼育をするのに問題がない生き物です。

大きな水槽を用意するなど飼育をするのに適している環境づくりをしなくてはいけません。

 

カワウソのペットとしての飼い方!トイレはどうしたらいいの?

カワウソは、キュートな仕草に愛らしい顔の動物です。

 

今全国的にカワウソを飼う人が増えていて、密かにブームになっています。

 

また、カワウソはもともと10匹以上の群れで暮らす動物の為、

性格は非常に人懐こく賢い生き物です。

 

カワウソをペットとして飼う場合の飼い方、トイレはどうすればいいのかなど、説明していきます。

 

まず用意するものはケージ、おしっこシート、

水浴びさせる為の入れ物が必要になります。

 

また、カワウソは遊ぶのが大好きな生き物の為、ボール等があればいいでしょう。

そして肝心のカワウソのトイレの方法ですが、

飼い始めてから最初はあちこちでおしっこやうんちをしてしまいます。

 

まず、トイレを所定の位置でしてくれなかった場合、

該当の場所を綺麗に拭き取ってアルコール等をかけてしっかりと臭いを取ります。

 

うんちはトイレになる場所に移動してしっかり臭いをつけましょう。

こうする事でカワウソはトイレの位置を覚えていきます。

 

これを繰り返せば一週間程度で覚えるので、最初は根気よくやってみる事が必要です。

 

カワウソの寿命はどれくらい?長生きさせるコツは?

とても可愛い顔のカワウソを飼ってみたい!

そのために必要なカワウソの情報を説明します。

 

しかしなかなか手に入りにくいのが現状です。

ペットショップで見つけるのはとても難しいので、

珍獣を扱っているショップに問い合わせる方法がおすすめです。

 

そんなカワウソの寿命は平均で12年と言われています。

犬や猫とそれほど変わらない寿命なので、寿命の点からいえば丁度いいくらいだと思います。

ペットは家族!そう思っている人は多いと思います。

なので少しでも長生きしてもらいたいですよね。

そのためのコツを紹介します。

 

カワウソは飼育方法がとても難しく大変です。

長生きさせるにはストレスのかからない飼育を心掛ける必要があります。

 

そのために、カワウソが泳ぐことが出来る

スペースを確保する必要があるでしょう。

そこでプールやお風呂を使うといいでしょう。

水遊びは犬の散歩と一緒でストレス解消になるので1日1回を心掛けましょう。

 

ゲージはもちろん用意する必要があります。

カワウソは想像以上に動き回り、いたずらも大好きです。

そんなゲージの掃除はとても大切で、

清潔な場所で生活させてあげることは長生きにも繋がるでしょう。

 

あと大切なのがエサです。

ドッグフードやキャットフードも食べますが、

生肉と生魚を食べさせてあげることで長生きしてくれるでしょう。

体をつくる食べ物は人間にとっても大切ですが、

もちろんカワウソにとっても重要になります。

 

カワウソのエサは?臭いや鳴き声は気になる?

先ほど少し説明しましたが、カワウソのエサは

基本的に生肉や生魚を食べさせてあげれば大丈夫でしょう。

カワウソは貝も好きなので、食べさせてあげると喜ぶと思います。

キャットフード、ドッグフードも食べてくれます。

食費は平均で1ヶ月5000円~1万円程度と言われています。

 

飼うのに気になるのは、カワウソの臭いや鳴き声についてだと思います。

まず臭いについてですが、食べ物の中心が

生肉と生魚なのもあり、やはり獣の臭いがします。

清潔にしようと心掛けることで臭いは減りますが、

完全になくすのは難しいかもしれません。

臭いに関しては生き物なので仕方ないのかもしれません。

 

次は鳴き声についてです。

カワウソは「キューキュー」「ミャミアミャア」というように鳴きます。

鳴き声の大きさも結構大きいので、

飼う場所を考える必要があるでしょう。

鳴き始めるとなかなか鳴きやまないこともあるようです。

 

分かりやすく犬や猫と比べると、カワウソの方が鳴くと思って頂いた方がいいと思います。

甘えたい時や遊びたい時などに鳴くことがあるようです。

スポンサードリンク