ウーバーイーツとは何?その仕組みを徹底解説

ウーバーイーツとは、呼び出しから支払いといった一連の手続きを全てスマートフォンアプリでできるサービスのことを言います。

 

一般的なデリバリーは店舗や会社に連絡し、それから指定住所まで配達してもらうのが一般的です。しかしウーバーイーツは、アプリから自動でGoogle mapによって場所を指定してくれるので、わざわざ配達してほしい場所を指定する手間がかかりません。

 

この仕組みは、注文の手間が省けるだけでなく現在、配達員がどこにいるかも知ることが出来るのが特徴です。

 

このウーバーイーツとは渋谷、恵比寿、青山、赤坂、六本木、麻布といったエリアで利用することができ、150店舗以上の飲食店がパートナーシップを結んでいます。

 

使い方はまず、スマートフォンにアプリをダウンロードして会員登録を行います。それから配送場所の設定と支払情報の登録をしたら完了です。あとは自分が利用したお店を選択して、簡単に好きな商品を注文することが出来ます。

ウーバーイーツの配達可能エリアは?東京だけなの?

ウーバーイーツは食べ物を配達してくれるサービスになりますが、気になるのが配達可能エリアだと思います。サービス開始直後は中目黒、五反田、竹芝、新橋、日比谷だけでしたが、現在ではエリアが拡大されており新宿、代々木、三軒茶屋、下北沢、四ツ谷、市ヶ谷、世田谷区や千代田区の一部となっています。

 

これらの配達可能エリアを見る限り東京だけしかサービスを行なっていません。少しずつ配達可能エリアは広がってはいますが東京しか利用できないので今後に期待したいサービスです。

 

ウーバーイーツに登録した人が料理を店舗に取りに行き自転車や原付等で配達をしていますので利用者が増加する事によってエリアが広がる可能性はあるかもしれません。

 

実際にサービス開始から現在まで早いスピードでエリアは拡大されていますので今後に注目してください。しかしながら現在は東京の一部のみしか利用できない事になっていますので利用したい方は注意が必要です。

話題のバイト「ウーバーイーツ」どのくらい稼げるのか?

ウーバーイーツは、ITベンチャーであるウーバーが提供するデリバリーサービスで、注文を受けたレストランと配達員を繋ぎ、注文者のもとに料理を届けるというのが基本です。配達員は登録を済ませた一般人で、配達一件ごとの報酬が発生します。

 

バイトとして話題になっており、その数は日々増加しています。時間帯や距離によって報酬の金額は変化し、昼食や夕食の時間帯にはより高額のお金を得ることができるようになっています。

 

配達の数も多く、注文数の特に多い渋谷区や港区を中心に配達を行なっている配達員では、時給に換算して1,500円から2,000円を稼いでいる人もいます。バイトとしてはかなりの高給であると言えますが、待機する場所やタイミング、または配達スキルやスピードなどの能力によっては時給換算で数百円という可能性もあります。

 

ウーバーイーツは、頭を働かせ、相応のスキルを身に付ければ、十分な金額を稼ぐことができるバイトであると言えます。