イーサリアムクラシックとは?今後も価格は高騰していくのか?

イーサリアムクラシックとは、2016年7月にイーサリアムがハードフォークして分裂したときに誕生した仮想通貨です。

スマートコントラクトの機能がついているなど、基本的な機能はイーサリアムと同じです。

スポンサードリンク

本家のイーサリアムが多数決の原理を求めたのに対して、イーサリアムクラシックは非中央集権性を重視しています。

しかし、現在のところは本家とそう大きな差異はないため、イーサリアムの価格変動の影響を受けやすいというデメリットがあります。

逆に、本家の価値が上昇するとイーサリアムクラシックのほうも高騰する傾向があるという意味ではメリットです。

今後はどのようなオリジナリティを発揮していくかにかかっています。

現在はイーサリアムという存在があるために、「似たような機能がついているイーサリアムクラシックに需要があるのか?」という疑問を持つ人もいます。

本家とは違った機能を実装することで、需要がある仮想通貨としての存在感を示せるのではないかと期待する声もあります。

イーサリアムのマイニング!ソフト・プール・難易度・報酬について

イーサリアムはビットコインなどと同じく仮想通貨の一種であり、マイニングとは仮想通貨の採掘のことです。

採掘といっても宝探しのような作業を行うのではなく、パソコンの余剰なパワーを

仮想通貨の記録や計算のために提供して、その見返りとして報酬を得るという仕組みになっています。

まずはイーサリアムを保管するお財布となるウォレットを用意します。

ウォレットは取引所のものを利用することもできますし、自身で用意することも可能です。

ソフトについてはクレイモアマイナーや、マイナーゲートなどが人気を集めているようです。

ただし動作にはマシンパワーが必要とされますので、最低でも4G以上のグラフィックボードを用意してください。

マイニングの作業は1人でコツコツ行うこともできますが、より効率的にマイニングを

行いたい人は複数の人が協力して行うプールマイニングのサイトに登録をしましょう。

イーサリアムのマイニングはビットコインなどと比較すると難易度は低めであり、初めての人にもおすすめです。

イーサリアム取引所を手数料で比較してみた

イーサリアム取引所を手数料で比較をしてみると、次のようになります。

ビットフライヤーは0.2%、Zaifは0%(通常注文)0.1%(成行注文)、GMOコインは0%です。

意外と手数料がゼロの取引所が多いことがわかります。

コインチェックも有名ですが、こちらは販売所のみであり、取引所は存在しません。

販売所は手数料がゼロですが、スプレッドの幅が広いので注意をしておきましょう。

特に事情がないのならば販売所ではなく取引所で取引をするべきです。

0.2%の手数料がかかったとすると、ビットコインからイーサリアムのトレードで0.2%、逆のトレードで0.2%の合計0.4%がかかってしまいます。

日本円を出金するために一度ビットコインを経由しなければならないのか、

それともイーサリアムを直接日本円にトレードできるのかというポイントも重要です。

通常注文なら手数料がゼロであり、日本円建て、ビットコイン建ての両方に対応しているZaifがおすすめです。

スポンサードリンク