スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種での副作用を調べてみた。

毎年冬になると大流行するインフルエンザですが、ワクチン接種する事で予防効果が期待できます。

ただ免疫がつく以外に副作用が起こる事もあります。

インフルエンザのワクチン接種によって起こる副作用ですが、まず1割の人に注射した箇所が赤く腫れる、硬くなる、熱を持つ、痛くなるといった症状が起こります。

スポンサードリンク

また全身で起こる副作用として、発熱や悪寒、頭痛、嘔吐、下痢、倦怠感、めまいなど風邪のような症状が出る事もあります。

ただしこれらの症状は、通常2~3日で消失していくため、特に心配はありません。

気をつけたいのが、ごく一部の人に起こる重篤な副作用です。

具体的には、非常に強いアレルギー反応が起こるアナフィラキシー、脊髄を中心とした中枢神経に炎症が起き、呼吸困難などの症状が出る急性散在性脳脊髄炎、呼吸筋や脳神経、顔面神経の麻痺が起こるギランバレー症候群、肝臓が正常に機能しなくなり、肝炎や肝硬変、肝臓がんなどのリスクが高くなる肝機能障害などが挙げられます。

インフルエンザのワクチンが今年は大きな病院でも足りていないのはなぜなのか調べてみた。

秋になるとインフルエンザの予防接種を受ける人が増えてきますが、今年は全国的にワクチンが不足していることで話題になっています。

これは、ワクチンの製造が遅れているからなのです。

実はワクチンにはいくつかの種類があり、厚生労働省が毎年流行するであろうインフルエンザの型を予想して製造を指示しています。

ところが今年は製造の途中で指定するワクチンの種類を変更することになり、また1から製造し直したためにまだ用意が間に合っていないわけです。

そしてこの状況は大きな病院でも例外ではなく、ワクチン接種の予約を制限する病院も多くなってきました。

インフルエンザの流行は12月から始まることが多いため、11月中に済ませておきたいと考える人は沢山います。

しかしそのニーズに対して、製造が追い付いていないのです。

近年にはない、まさに危機的状況と言えるでしょう。

できるだけ早く需要が満たされ、ワクチンの接種漏れ状態の人が減ることが望まれます。

インフルエンザの予防接種は、基本的に何回打てばいいのか調べてみた。

冬になるとインフルエンザが流行するのが常ですが、罹らないように予防注射を希望する人はたくさんいます。

そこで覚えておきたいのが、インフルエンザのワクチン接種の回数というのは、大人と子供では異なるということです。

子供は大人と違って、まだ抗体が十分に作られていないということがあるのでワクチン接種は2回行います。

2回接種することで1回の場合と比べて効果は10倍になるといわれています。

一方大人はすでに外部のさまざまなウイルスや菌と触れ合うことによって体内に十分な抗体があるため1回でも十分な効果が期待されることが実証されています。

しかし、1回より2回ワクチン接種をする方が、より効果が上がるので大人でも2回接種することを希望する人もいます。

1回目から2回目の予防注射までは2週間から4週間開けるようにしましょう。

中には1回で十分だと言う医師もいるので、その場合は自分の希望を伝えてください。

ワクチン接種の料金も2回の場合は倍になるので注意しましょう。

スポンサードリンク