スポンサードリンク

インフルエンザのならない防止策と、なった際の移さない策とは。

毎年冬になるとインフルエンザが世間をにぎわせます。

当然インフルエンザにかからないことがベストですが、事前の防止策とかかってしまった際の対処法について紹介します。

一番の予防策はやはり予防接種を受けることです。

スポンサードリンク

毎年多くの病院で受けられるため手間はかかりません。

他の有効な対策は手洗いをとにかく徹底することです。

しっかりと石鹸を使って泡立てるように十秒ほど手洗いすることで、接触感染を防ぐための方法として効果があります。

また、万が一感染してしまった際には、すぐに病院に行き対抗ワクチンを投与してもらうことです。

なるべく人込みを避ける、少々値段の張る高価なマスクを付けるなどして周りへの感染対策もしておくといいでしょう。

とにかくインフルエンザは感染力が強いため、治療することを急ぐ必要がありますがそれ以上に周りへ感染させないよう気を配ることも大切です。

毎年のように病院側も対策しているため、無理に自分で何とかしようとせずすぐに病院に相談に行ってください。

インフルエンザの2017年度の流行の症状を調べてみた。

人間に感染するインフルエンザウイルスは、A型、B型、C型の三種類に分けられます。

共通としては高熱が出ることがありますが、その他の症状は異なるため対処も異なってきます。

2017年度は、例年よりも早い時期から流行する兆しがあります。

現時点では何型が流行るかは白評されていませんが、A型やB型の報告があります。

それぞれの症状としては、A型は突然の高熱が発症します。

寒気や悪寒、関節痛に筋肉痛、頭痛に倦怠感、食欲不振の全身症状と鼻水や咳などの呼吸器症状が出てくるとされています。

人によっては1日で急激に熱が下がることもありますが、一般的には1?3日程度熱が続き全身症状が現れます。

対してB型は、高熱が基本ですが微熱の場合もあります。

消化器症状が現れることが多く、嘔吐や腹痛、下痢などが考えられます。

微熱の時は通常の風邪と勘違いしてしまう場合もありますが、消化器症状がある場合はインフルエンザを疑ったほうが良いとされています。

インフルエンザのA型・B型などの種類の違いについて、調べてみた。

インフルエンザウイルスにはA型とB型、さらにC型もありますが人間に感染するのはA型とB型です。

両者の違いはまず感染時期がやや異なります。

A型は主にインフルエンザ流行期の初めに流行し、年末から新年に入るころ、一方、B型はかなり遅れて年が明けて1月末から2月ごろに流行し始めることが多いです。

もちろんその年によって異なりますが、ほぼ間違いなくA型が流行した後B型が流行します。

そして症状もA型では熱が高いのが症状のメインとなります。

ウイルス学的には遺伝子変異が多くA型の中でも140種類以上のタイプが報告されています。

一方、B型のインフルエンザでは熱が高い時もありますが、あまり高熱ではなく普通の風邪と間違えられることもあります。

ただし、消化器症状、つまりお腹が痛いなどの症状を伴うことはB型の方が多いとされています。

ウイルス学的には遺伝子変異はA型ほど多くはないとされています。

したがって、両者を比較するとA型インフルエンザの方が症状は強く、感染した時につらいと感じる人の割合は多いようです。

スポンサードリンク