インバウンドとは?あなたは正しく理解していますか?

インバウンドとは、英語で「帰航の、市内へ向かう、内側や中心の方向に動くさま」といった形容詞を意味します。しかしながら、様々なビジネスシーンによって多少意味が異なってきます。

 

例えば、最も馴染みのある事柄としては旅行に関する用語でしょう。旅行に関するインバウンドとは、自国に外国人旅行者を誘致することです。平たく言えば、日本人から見ると「海外から日本に観光などで来ている旅行客」を指す言葉になります。

スポンサードリンク

 

他に、仕事の業務形態を表す言葉やコンピューター・ネットワークの用語としても用いられています。コールセンターにおいてのインバウンドとは、かかってきた電話に対応する受信業務を指す用語です。コンピューター・ネットワークに関するインバウンドとは、外部からデータを受信することです。

 

以上のことからインバウンドとは、様々な使い方がありますが「外側から内側に」という認識が正しく理解していることと言えます。

※対義語:アウトバウンド

インバウンド需要を狙うなら知っておきたいこと

外国人観光客を相手に商売をして、インバウンド需要で大幅な収入アップを期待するのであれば、外国人観光客が利用するSNSに注目してください。

 

日本で宿泊するのに便利なホテルや旅館を決める際には、SNSなどの情報が頼りにされる事が多いからこそ、SNSで広告を展開する事も意識しなければいけません。外国人が多く利用しているSNSに、日本のホテルや旅館が広告を展開する事によって、より効率的にインバウンド需要を狙えるようになります。

 

大勢の外国人観光客が宿泊するホテルと提携をして、インバウンド需要を得る事を狙っている企業も増えてきました。ホテル内や近辺のショップと交渉をして、自社が製造している外国人向けの土産物を販売させてもらうだけでも、大きなインバウンド需要が得られる可能性もあります。

 

インバウンド需要を得たいのであれば、自分のショップに外国人観光客が訪れる事を願うだけでなく、自分から行動を起こす事も重要だと意識してください。

インバウンドビジネスで必ずおさえておきたいこと

インバウンドビジネスを行うにあたって日本人を対象としたサービスと根本的に異なるのは、待っているだけでは情報が伝わらないと言う点にあります。言語や文化が違う相手に対して自分が伝えたいと思っている情報を届けさせるためには、同じ日本人を対象にしたサービスとは異なる視点が必要になるのです。

 

どのような宣伝広告を行うことが有力であるのかについても真剣に検討する必要があるでしょう。どのような国の観光客をターゲットにするのかによって活動の仕方も異なります。どのような言葉で紹介をしていこうとするのかによっても有効な方法が違いますので何がしたいのかを明確にする必要があります。

 

インバウンドビジネスと言う表現では一まとめとなりますが、実際にはどのような外国人観光客をターゲットにするのかをある程度明確にしておいた方が良いのです。外国人ならば全て英語で良いと言うわけではありません。相手に届く情報となるように出迎える側の努力も必要になります。

スポンサードリンク