スポンサードリンク

アスペルガー症候群のチェック・特徴をまとめてみた。

近年、耳にすることが多くなったアスペルガー症候群は発達障害のひとつとされ、知的障害は伴わないものの、人や社会とのコミュニケーションに支障をきたす障害とされています。

例えば相手の感情や場の雰囲気を察することが難しかったり、相手に気を遣うことができない、集団において雰囲気や空気を読んで適切に行動する能力などが劣っていたりします。

男女の割合では男性の方が多いとされるアスペルガー症候群は、その原因や発症メカニズムはわかっておらず不明なことが多いため、親の躾など家庭環境が原因ではという声がありますが、これが問題ではないことは判明しています。

そして先天性の特性であるため、幼稚園や保育園、小学校などにおける集団行動などから先生や親が気づき診断されるパターンが多いです。

スポンサードリンク

そこで一般的に見られる行動からチェック項目として、ひとり遊びを好む、相手に気を遣えず思ったことをすぐ言葉にする、言葉の裏の意味や曖昧な表現の取得が苦手、難しい言葉の知識はあるがそれをうまく使えない、そして限定された趣味やこだわりがあることなどです。

このような社会での生きづらさのある彼らを理解していくことが、私たちには必要です。

アスペルガー症候群の特徴・症状の大人と子供の違いについてまとめてみた。

アスペルガー症候群とは発達障害の1つで、人とのコミュニケーションが上手くいかないといった障害を持っています。

最近になって、注目されるようになりました。

子供の頃からちょっと変わっていると言われていて、大人になってからアスペルガー症候群と診断されるというケースも増えています。

子供の場合には、同年代の子どもと上手く人間関係が築けずないため一人遊びをすることが多くあります。

中学生位になると周りの空気が読めないために孤立してしまい、不登校の原因になったりします。

学習の面では知能の発達に問題はないものの、特定の分野だけが極端に苦手だといったケースが目立つようになります。

大人の場合にはこだわりが強かったり周囲との協調性に欠けているため、接客業や誰かと一緒に作業をする仕事などには向きません。

しかし、緻密な作業を必要とする仕事には向いています。

また、子供の頃から周囲の理解が得られなかったため、うつ病やパニック障害といった二次障害が引き起こされてしまうこともあります。

アスペルガー症候群を診断してくれる、有名な病院をまとめてみた。

アスペルガー症候群の診断を医療機関で受けるかは本人や家族が判断することになります。

ネットなどでセルフチェックが出来るサイトなどもありますが、実は診断が大変難しい障害でもあります。

セルフチェックでも信頼をしすぎて素人で勝手に判断しないほうが良いです。

特に自分の子供だと偏った目でチェックすることもあるため、主観的な判断を防ぐために自己判断をしないできちんとした専門機関で診断を受けることが大切です。

ただ、いきなり有名な専門医の診察を受けることは難しいため、最初は無料で相談が出来る身近な専門機関の相談窓口を利用したほうが良いです。

これも子供と大人では機関が違っています。

子供だと保健センターや子育て支援センター、児童発達支援事業所などがあります。

大人は発達障害者支援センターや障害者就業、生活支援センター、相談支援事業所などです。

身近な相談センターに相談すると、障害の疑いがあるときは診断を希望することで専門医を紹介してもらえます。

子供だと小児科や児童精神科、小児神経科や発達外来などで、大人で検査や診断を受けるときは精神科や心療内科などで受けられます。

スポンサードリンク