失敗しないために!ドラム式洗濯機でぬいぐるみは洗濯できる?

ぬいぐるみも部屋においておけば徐々に埃や汚れが付着してしまいます。

そのため定期的に洗わなければなりません。

洗濯機を使うのであればドラム式の方が痛みが少なく、好ましいとされています。

スポンサードリンク

もちろんただ放り込んでスイッチを押すだけでは失敗しかねません。

何よりも洗濯ネットを使って型崩れを抑えることが基本です。

入れる前にはきちんと付属品を外しておきましょう。

さらにぬいぐるみ1体だけで洗おうとすると、かえって生地や布を傷めてしまいます。

可能な限りタオルやシーツを一緒に詰め込んだほうがいいでしょう。

繊維同士が擦れて洗浄力が高まるメリットもあります。

洗濯機のコースは手洗いやドライなど優しく洗ってくれるモードが最適です。

洗剤は肌に優しいものを優先し、肌に触れた際のアレルギーを抑止することも求められます。

ドラム式の多くには乾燥機能が付いていますが使いすぎれば生地の損傷は免れません。

型崩れを最小限に留めたいなら、風通しの良い場所で自然乾燥を心がけていくべきです。

失敗しないためには細かいところまで気を配る心遣いがポイントとなります。

ダニ対策!洗濯機で洗えないぬいぐるみの洗濯の仕方

ぬいぐるみの洗濯の仕方は、直接洗濯機を使えば傷むので大きめの桶に水と液体の洗濯用洗剤を入れておきます。

ぬいぐるみを桶に入れて手で押し出すようにしてやさしく洗いましょう。

付属部品があればとりはずして洗います。

汚れがひどい場合は、少しの間付け置きして置けばよいです。

しばらくしてから洗剤の水を捨てて、新しい水を桶に入れて汚れと洗剤をすすぎます。

しっかりしぼって水を切りましょう。

2回から3回繰り返ししっかりすすいでおきます。

最後に柔軟剤を入れた水の桶にぬいぐるみを入れて香り付けをします。

柔軟剤の水を捨ててしっかりしぼって水を切ればよいでしょう。

風通しのよい場所に干すことにより、ぬいぐるみが風のダンスをしているかのようにかわいらしく見える光景がとてもよいです。

また太陽にしっかり当てて乾かすことにより、ダニが死滅して安心して使えます。

また、柔軟剤を使ったことで元の新しい柔らかなぬいぐるみがよみがえるでしょう。

不要になったぬいぐるみを無料で寄付したい!どこで募集してる?

ゲームセンターなどで入手したものの、ほとんど使わず不要になってしまったぬいぐるみがある場合には、

専門の寄付団体が募集していますので無料で寄付をするのも良いです。

入手してからある程度時が経過していることもあるでしょうが、きれいな状態であれば問題なく受け取ってもらえます。

ただし、五月人形やひな人形などは対象外となっている場合がありますので注意が必要です。

不要になったぬいぐるみを寄付する方法ですが、インターネットで簡単に団体をみつけることができ、配送で寄付が可能です。

ただし配送は元払いのみの対応となっていることがありますので、無料ではなくなってしまいます。

お金をかけずに団体のもとへぬいぐるみを渡したい場合には、持ち込みをする方法が良いです。

直接持ち込むことができるようになっていることがあります。

団体の所在地を確認して無理なく持ち込める立地であれば、不要になってしまったぬいぐるみを寄付しやすいでしょう。

スポンサードリンク