スポンサードリンク

この冬の流行のブレザーのメンズものをまとめてみた。

流行しているブレザーも、着こなしで差をつけなければなりません。

ブレザーのスタイルとしては大きく分けて2通り、シングルブレストとダブルブレストがありますが、会社で着るスーツと差をつけたい場合はダブルブレストを着崩して着ると小慣れた印象を与えることが出来るでしょう。

一般的にブレザーといえばダブルブレストの2つボタンのスタイルを指します。

スポンサードリンク

2つボタンの方がかっちりとした印象を人に与えやすいので、カジュアルテーラーのブレザーを選ぶとトレンド感がでやすくなります。

ブレザーといえば、おじさんが着る古臭いイメージが強いものです。

普段スーツを着ているサラリーマンのおじさんが普段着でも上着に何を合わせたら良いのか分からずに無難に選んでいるという印象が若い方にはあるかもしれません。

しかし、今若い方にもブレザーは流行しています。

ポイントとなるのはブレザーの着丈です。

おじさんが着ている古臭い印象を与えるブレザーは大きめサイズでカラースーツに近い色、着丈も長い物が多いのですが、今若者の間で流行しているのは体にフィットする小さめサイズになります。

着丈も短めの物がトレンドになりますので、ブレザーを選ぶ際にはサイズ感と着丈に注目して選ぶようにしましょう。

この冬の流行のブレザーのレディースものをまとめてみた。

こ数年、80年代風のスタイルが流行の兆しを見せていました。

そして去年ついに花開いてワンレン、ボディコンなどバブル期を意識したスタイルが大流行でした。

バブリーなスタイルの芸人さんが人気を集めたことも影響して、コスプレ感覚で取り入れた若い女性も多かったようです。

また、バブル期をリアルタイムで過ごしたアラフィフ世代が再びディスコに通いつめていたり、世間全体がバブルブームに包まれていました。

この流れは今年も継続していき、個性的な色のリップなどより一層80年代風のスタイルが広まっていくとされています。

アウターにおいては、バブル期当時大流行だった肩パッドの入ったブレザーが再び店頭に並び始めています。

シルエットもここ数年のミニマムな作りから一転、当時のようなビッグシルエットになり色味も鮮やかなブレザーが増えてきました。

これから、ファッション界には再びバブルが訪れるでしょう。

パワフルな印象が強いバブル期の女性たち。

ファッションの流行は何度も巡ると言われていますから、当時のデザインの中にも若い世代にはかえって新しく感じるモチーフもたくさんあります。

どの年代の女性も強く美しく積極的に、おしゃれを楽しみたいものです。

この冬流行のブレザーの子供ものをまとめてみた。

子供の冬服もおしゃれにこだわりたいものです。

中でも注目は「ブレザー」。

肌寒くなる季節から、春にかけて使える万能アウターでもあります。

この冬流行の子供のブレザーを見ていきましょう。

まずはグレンチェックのブレザーです。

大人の間でも流行のグレンチェック。

細かいチェック柄で上品にも見えます。

子供用のブレザーなら少し明るめの色を選んでもカワイでしょう。

男女ともに使えるので注目したい一つです。

ネイビーのブレザーもおすすめです。

定番のネイビーですが、冬に使うなら素材にこだわりましょう。

ツイードやフェルト素材なら見た目も暖かい印象です。

カジュアルなコーデに合わせると、かっこよく締まって見えます。

金ボタン付きも流行の兆しです。

女の子なら白も良いです。

きちんと見えるし、なによりガーリーさはピカイチです。

寒い冬空にも白が映えてこれ一つで明るくなります。

どんな色も合うので、着回しがきくのも便利です。

ブレザーはそのまま着ても良いですが、真冬はコートの下に重ねて楽しむのもアリです。

長めのブレザーならチェスターコートっぽくも使えます。

カチッとした印象になりがちなブレザーですが、色や合わせ方次第でかなり上級なおしゃれアイテムになるでしょう。

レディース向けブレザーの着こなし術

ブレザーに合わせるのをパンツにするかスカートにするかワンピースにするかで雰囲気がまったく違ってくるので、同じブレザーをいろいろな場面で着まわすことが出来ます。

またブレザーとパンツやスカートの色を合わせることでセットアップになり、シンプルなのにおしゃれに見えます。

インナーを指し色にしたり、インナーと靴やバックなどの小物と色を合わせることでさらに統一感が出てシックで清潔感のある着こなしが出来ます。

ストライプ柄のセットアップで足長効果も抜群になりますね。

さらに足元はヒールにすると普段のスタイルとは全然違って見えること間違いなしです。

ブレザーを羽織ることでかっこいい女性というイメージになりますが、下に着るインナーをVカットの服にすることでデコルテが見え女性らしさが出ます。

ブレザーによってキリっとして見えますが、ピンクなどの明るい色のスカーフをまくと顔周りが明るくなり女の子っと言うイメージに変えることが出来ます。

ブレザーを肩かけにすることでコーディネートにおしゃれ感がアップします。

この着こなしかたはすぐにでも実践出来るので是非試してみましょう。

ブレザーとカジュアルな感じが出るデニムを合わせるのも相性抜群です。

気取らない親しみやすいスタイリングになるでしょう。

学生向けブレザーの着こなし術

学生は制服が学校で決められているので同じ学校の生徒は同じブレザーを着ることになります。

しかし同じ制服なのに着こなしで全然違ってみえます。

ここで間違えてほしくないのはスカート長さを変えてみたり、ズボンを下げてみたり、ブレザーの中のシャツのボタンをいくつも外してみたりするのは着こなしではなく「着崩し」といい、別物だということです。

この着崩しをしてしまうと全体のバランスを取るのが難しくなってしまいます。

学校の規則もあるので、それを気にしながらの着崩しになってしまいます。

なので中途半端になってしまい、制服を全然着こなせていないケースもたくさんあります。

ここでは着崩しよりも簡単な着こなし方を紹介します。

それは着崩しをせずきちんと制服を着ることが1番の着こなし術です。

今は着崩している人が多いのできちんと制服を着るだけで周りと差別化することに成功します。

毎日着ているとブレザーの扱いも雑になりがちですが、ぐちゃぐちゃにかばんの中に入れたり、脱ぎっぱなしにするのは絶対にやめましょう。

シワのない綺麗な制服を着ることで清潔感がうまれます。

制服にほこりがついていたら、洋服用のブラシできれいにしましょう。

このようなことに気を付けて、きちんと制服を着るようにこころがけましょう。

スポンサードリンク