スポンサードリンク

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。での一番の感動シーンをマニアに聞いてみた。

代表的な感動作「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」。

通称「あの花」と言われてファンも沢山いる作品です。

そんなあの花の、マニアが一番感動するシーンはやはり最後にめんまを探すシーンでしょう。

スポンサードリンク

マニアでなくてもこの作品での代表的で文句なしに泣けるシーンです。

小さい頃になくなっためんまが仲間の前に現れます。

成仏する前にやりたいことがあったのです。

そのめんまが成仏するシーンを見なくては、あの花は語れません。

仲間5人がめんまを探し、途中で皆昔やったかくれんぼの再現だと気付きます。

消える前に仲間の一人、ぽっぽが言った「お別れってよ、どっちか片方が言うもんじゃねぇだろ!」のセリフが涙腺崩壊シーンです。

この言葉、大人もぐっとくる良いセリフなのではないでしょうか?そうして「みーつけた!」と5人が言い、「みつかっちゃった」と言って成仏するのです。

めんまが再び現れたのは、この世でやり忘れたことを終わらせたかったのです。

この映画を見ると、昔遊んだ仲間たちのことを思いだす人も多いでしょう。

大人になると忘れていくことも、実は大切な意味のある時間なのです。

あの花を見た人に聞けば、誰もがこの場面を一番に感動シーンにあげるはずです。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。OP・EDの人気度についてまとめてみた。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称「あの花」)は深夜アニメとして放送され、大きな話題となりました。

あの花は仲間との友情や絆、青春の儚さを描いており、どこか懐かしさを覚えるアニメですが、作品の世界観を形成する大きな役割を担っていたのが音楽です。

特にOP・EDはアニメのファンからも大きな支持を集めており、これらの曲なしにあの花は存在しないと言っても過言ではありません。

OPに使用されたロックバンド・Galileo Galileiの青い栞は、青春の喪失感と疾走感たっぷりの、このアニメを見事に表現した一曲です。OPの映像とともに人気も高く、オリコンシングルランキングではベスト10入りを果たしました。

またEDに使用されたsecret base ?君がくれたもの?(10 years after Ver.)は、友情をテーマとした作品で、こちらもあの花にぴったりの一曲です。

あの花のヒロインを演じた声優たちがカバーした作品で、こちらもオリコンチャートでトップ10入りを果たしました。

キャラクターソングによるカバーシングルがオリコントップ10入りを果たすことは異例で、人気の高さが伺えます。

あの花が今なお人々の心に残る名作になったのは、人々の心に残る音楽が存在していたからかもしれません。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。のアニメ版とドラマ版との違いについてまとめてみた。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、通称「あの花」は深夜アニメとして放送され大きな話題となり、実写版としてドラマにもなりました。

ドラマ版も好評でしたが、2時間という短い時間で話を完結させるためか、アニメ版と異なる場面もありました。

大きな違いは、とにかくドラマ版はアニメ版をカットした部分が多い点です。

その象徴が、仲間たちが最初からあだ名で呼び合っている点です。

アニメ版では名字呼びからあだ名呼びに戻って、一度離れた関係が元に戻っていく様子を表現していましたが、時間が限られているためそのような細かい描写はカットされていました。

他にもゆきあつの女装シーンや、めんまが消えていくラストシーンなどアニメ版でも人気の高いシーンで台詞が多少変わっています。

またネットで最も話題になったのは、ヒロイン・めんまの髪の色がドラマ版では銀色ではなく、黒髪だった点です。

めんまはロシア人の母を持つハーフなので、アニメ版のファンにとっては違和感があったようです。

しかし日本の女性が銀髪にするとコスプレのようになってしまうので、やむを得ない変更と言えるでしょう。

このようにアニメ版とドラマ版には様々な違いがありますが、ドラマの制作者たちはあの花の世界観を壊さないよう、制約の中で作品に愛情を持って携わっていたことには違いありません。

スポンサードリンク