コストコで使えるカードがマスターカードだけになります

2017年8月末に、コストコを運営している日本法人から重要な発表がありました。それは、コストコで買い物をするときに使用することができるクレジットカードの種類の変更です。

 

この発表が行われる時点でコストコで使用することができるクレジットカードは、提携カードを含むアメックスブランドのカードと、オリジナルのオリコマスターカードの2種類となっています。しかし、2018年1月いっぱいでアメックスブランドのカードは利用できなくなり、翌月からはコストコで利用できるクレジットカードの国際ブランドはマスターカードのみとなります。

スポンサードリンク

 

もし、手持ちのクレジットカードにマスターカードのロゴがあれば、そのカードをつかって買い物をすることが可能です。また、コストコオリジナルのオリコマスターカードは引き続き発行されますが、サービス内容がリニューアルされる予定となっています。

 

8月末の発表の段階ではリニューアルの詳細は明らかになっておらず、後日内容が公表される予定となっています。

コストコでマスターカードが使えるメリットとは

一般的な店舗と違い、日本国内のコストコで利用できるクレジットカードは、アメリカンエキスプレスカードおよび、その提携カードと、コストコオリコマスターカードのふたつのカードブランドに限られています。

 

特に、日本企業であるオリコが提供しているコストコオリコマスターカードは、日本に在住しているカスタマーだからこそ入会でき、利用できるクレジットカードの選択肢があるのがメリットです。

 

さらなるメリットは、世界ブランドのマスターカードとしての機能はもちろんのこと、コストコでの決済に加えて、通常のショッピングの決済に利用しても、オリコカードのポイントサービスである、「暮らスマイル」のポイントが、1000円の買い物につき1スマイル贈呈されることです。年間の利用金額に応じてスマイル付与率が増加し、最大で年間200万円以上の利用で、2倍のスマイルが贈呈されます。

 

貯まったスマイルは、商品券、提携ポイントなど、さまざまなアイテムと交換できますが、その中でも、コストコプリペイドカードの還元率が高く、1000スマイルにつき5000円分に交換できるという、大変嬉しいサービスです。

そもそもマスターカードの作り方は?

マスターカードの作り方として、最初にどのクレジットカード会社が発行するカードを利用するか決めます。審査で落ちてしまうと作れないので、初めてカードを持つ場合は消費者金融が発行しているものが審査に通りやすいです。審査の面で不安がなければ、利用する頻度の高い店舗などで提携しているカードを選ぶと特典があるのでお得になります。

 

申し込み方法としては郵送、インターネット、店頭などがあります。これらの方法で郵送はメリットがほとんどありません。インターネットを利用するとキャンペーンで商品券などを受け取れることが多いです。

 

店頭で申し込んだ場合は審査に通れば即日でカードを受け取ることもできるのがメリットです。申し込みの際に運転免許証などの本人確認書類、代金を引き落とすための口座と印鑑が必要です。また、未成年の場合は保護者の同意書も提出します。

 

マスターカードにはお金を借りられるキャッシング機能を付けることもできますが、ショッピング機能とは別に審査するので時間がかかります。不要であれば外しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク