スポンサードリンク

「Transcend SDHCカード 32GB Class10 TS32GSDHC10U1E 」の人気の秘密について調べてみた。

デジカメやゲーム機などデータを記録するために用いるSDHCカードは各社から販売されており、用途に応じて選択できるよう様々な仕様の製品が展開されていますが、その中でも人気が集中しているのが大手ショッピングサイトのAmazonで販売されているTS32GSDHC10U1Eという型式の製品です。

TS32GSDHC10U1EはAmazonのみの限定販売という事もあり大手家電量販店では取り扱いされていないのですが、限定販売であるのにも関わらず指名買いされているのは、データの転送速度の速さが迅速で容量も十分であるのにも関わらず相場に比べ著しく安価であるためです。

AmazonのTS32GSDHC10U1Eの商品レビューに寄せられている書き込みで多いのは、一眼レフカメラで撮影したデータを記録するために使用するというものですが、一眼レフカメラを使用している方に選ばれている理由は高画質であるが故に1枚あたりのデータ容量が大きなものになってしまうため、できるだけ容量が大きなSDHCカードを欲しているためです。

さらに、データ容量が大きくなるほどパソコンなどへのデータ転送の時間も長くなるので、スピードクラスが速いタイプを求めます。

そうした2つのポイントを安価に実現できるのがTS32GSDHC10U1Eであるため、Amazonで限定販売という形式になっているものの突出した人気を博しています。

「Transcend SDHCカード 32GB Class10 TS32GSDHC10U1E 」のデジカメで使う際の注意とは?

Amazon限定で販売されているUHS-I対応のSDHCカードTS32GSDHC10U1Eについては、Class10の規格にも対応している高性能商品です。しかし、デジカメで使う場合には注意点もあります。

まず、メモリーカードには様々な種類や大きさがあります。

これは通常サイズのSDカードですからデジカメもこのサイズのものが挿入できなければ使用できません。

次に、UHS-I規格は最高1秒間に104MBの転送が可能なものです。

しかし、この商品の最高速度は、最大1秒間に90MBの転送となっています。

また、使用するデジカメもUHS-I規格に対応し、上記の速度以上の転送能力がなければ、フルにこの能力を発揮することはできません。

また、この規格に対応していないデジカメであってもClass10の転送速度に対応した商品は多くあります。

その場合は1秒間に10MBの転送は可能となります。

最後に、TS32GSDHC10U1Eは、無期限保証がついていますが、あくまでも読み書きができないなどフラッシュメモリー内部の故障についてのみが対象になっています。

そのため、デジカメで撮影した保存画像などの保証ではないことには注意が必要です。

IMG164_SDカード

「Transcend SDHCカード 32GB Class10TS32GSDHC10U1E 」を、デジカメで使う際の本領発揮できる、設定一覧とは?

TS32GSDHC10U1EはSDHCタイプのメモリーカードで、32GBの容量があります。

Amazonも取り扱うこの人気商品は、最低でも10MBの転送速度が約束されるClass10に分類されるのが特徴です。

一方の最大転送速度は秒間90MBですから、並のHDDを超える快適なファイル転送が実現します。

このTS32GSDHC10U1Eをデジカメで使用する場合は、保存形式をRAWからJPGにすると、連写速度や撮影可能枚数が増えます。

RAWは記録する情報量が大きい画像形式なので、TS32GSDHC10U1Eに限らずSDHCカードには荷が重めです。

逆にJPGは一般的な画像形式で、容量の削減と画質を両立できる、バランスの良い圧縮に利点があります。

JPGなら1枚のTS32GSDHC10U1Eに、約1万5千枚ほどの写真が記録できます。

しかし画質優先で枚数を気にしないなら、RAW設定でも600枚以上は保存可能です。

画質を重視するならRAWのFine設定にするのが、デジカメの本領を発揮できるポイントとなります。

Amazonでも2千円台で購入できる手頃なメモリーカードなので、記録枚数が限られる高画質設定でも、複数枚の入れ替えで容易に運用できます。