こんな症状が出たら貧血のサインかも!?

どうも体の調子がおかしいなと感じたらそれは貧血であることが少なくありません。

 

今まで通りに動いているのに息切れがする、疲れる、すぐ座りたくなるなどの症状は、体力の衰えは血が足りなくなっていることで起こることがあるのです。

スポンサードリンク

 

貧血は女性に多く見られる症状ですが、原因として生理による多くの出血、無理なダイエットなどが多いです。ひどくなるとめまいや立ちくらみ、失神まで起こることがあります。

 

病院での治療は鉄材の処方や鉄分の注射などがありますが、自分で改善することもできます。それは食生活の見直しです。大豆製品、小松菜、プルーン、トマトジュース、くるみなどを食事に取り入れていくことで貧血は改善できます。

 

そしてウォーキング、ヨガなどを無理のない程度ですることで体内循環が改善されて酸素や栄養分が細胞の隅々まで行きわたるようになります。

 

貧血は健康面だけでなく美容面でも良くない影響を与えてしまうので、しっかりと治していくことが大切です。

貧血になりやすい原因とは?

貧血は体質的なものもありますが、その多くは生活習慣の乱れや体調不良などから引き起こされます。特に女性は頻繁に引き起こすことが多く、場合によっては生活習慣にも大きな支障を来す可能性があります。そこで、貧血になり得る原因を簡単に把握しておくことで、防げるものは未然に防ぐように努めましょう。

 

まずは、偏った食生活です。特に造血作用のある鉄分や葉酸が不足していると貧血に陥りやすくなり、しかも慢性化しやすくなります。鉄分や葉酸といった栄養素は、普段意識していないとなかなか摂取しにくいものでもあるため、まずは意識しながら鉄分や葉酸を多く含む食材を食べるようにしましょう。

 

次に体調不良です。長時間座っていた状態のあと、急に立ち上がると立ちくらみが起きたり、また体調が優れないときに長時間立っていると、同じく立ちくらみが起きたりすることなどがありますが、これも貧血の一種であることが多いです。

 

そして、これらの原因となる体調不良は、たとえば睡眠不足や蓄積された疲労、女性であれば生理期間や妊娠中なども当てはまります。

 

日頃から体調を整えることが大切ですが、体調が優れないときには無理せずに休むことも大切です。

これだけで貧血が改善できる!その驚きの方法とは?

血の気がひいて頭がクラクラとする経験をお持ちの女性は意外と多く、この症状は体内の鉄分が減ることにより、血液中のヘモグロビン濃度が低下して「貧血」状態になってしまう状態を指します。

 

特に生理中に貧血になりやすい女性も少なくないため、体調を改善する対策方法として鉄分を多く含む食べ物や飲み物を食べるように習慣つけることが大切になります。

 

一般的に貧血になると、レバーやほうれん草を食べるという方も多いですが、レバーは臭みが強く苦手だという方も多いですし、ほうれん草は生で食べることが出来ないので手軽に摂取する方法としてアーモンドやピーナッツ、カシューナッツなどのナッツ類をデスクにおいておくと、空いた時間などにささっと食べることが出来ますし、鉄分補給が出来るドリンクやサプリメントも効果的です。

 

またチョコレートも鉄分を含むカカオを原料としているので、休憩時間に食べることで手頃な鉄分補給を行うことが出来て便利です。

 

ドリンクなら野菜ジュースやホットココアも鉄分が豊富に含まれています。

スポンサードリンク