スポンサードリンク

エコウィルとは?その仕組みとエネファームとの違い

エコウィルは、一般家庭向けのコージェネレーションシステムのブランド名です。

コージェネレーションとは、なんでしょうか?

コージェネレーションとは、ガスや灯油による発電を行った際に発生する廃熱を、ヒートポンプや熱交換器などに取り込むことで、さまざまな分野に再利用する仕組みです。

スポンサードリンク

エコウィルは給湯器メーカーと、発電機メーカーによって開発されています。

 

従来の方法ならばこの廃熱を外部に放出していたのですが、

エコウィルの場合は、その廃熱を給湯器に取り込み、水を温めるというわけです。

化石燃料や電力の使用量の削減と同時に、二酸化炭素の排出量も削減できます。

 

同じく一般家庭向けのコージェネレーションシステムにエネファームがあります。

エコウィルとエネファームの大きな違いは、廃熱の再利用の目的にあります。

 

エコウィルの場合は、給湯器メーカーを中心に開発され、廃熱を主に給湯器で利用します。

エネファームの場合は、家庭向け燃料電池メーカーを中心に開発されています。

廃熱を利用して発電を行い、燃料電池に蓄電してから、その電気を利用する仕組みです。

 

補助金は出るの?エコウィルの価格や工事費について

エコウィルはガスエンジンを使用します。

使用中に出る熱を使いお湯を沸かす事ができます。

発電するときの熱を有効利用して、コスト削減可能できる画期的な商品です。

エコウィルのエネルギー利用率は92%を誇っています。

従来のものと比べると2倍以上のエネルギー効率を誇っています。

 

導入する時に気になるにはエコウィルの導入費用と言えるでしょう。

販売価格は発電ユニットと貯湯ユニットで、大体80万円くらいから90万円くらいの金額で導入することができます。

設置するときの工事費は20万円くらいです。

計算すると100万円はかかると見積もってくと良いでしょう。

 

少しでも導入コストを削減したい時は補助金が適用されるので必見となっています。

都道府県や市町村ではエコウィルの導入に助成金や補助金を用意しているところが多いです。

一度窓口に問い合わせて確かめてみるのがオススメです。

ちなみにどれくらいの金額を貰えるのかは都道府県や市町村で違っています。

修理するより交換した方がいい?エコウィルの寿命について

最近、エコウィルの人気が高まっています。

エコウィルは、ガスを燃料にしてエンジンで発電するシステムです。

発電した電気は、家庭の照明やテレビなどに使うことができます。

 

エコウィルは、ガスで電気とお湯を作ることができます。

電気代が安くなります。

さらに、環境に貢献できるなど様々なメリットがあります。

家庭の生活パターンを学習し、最も適した発電を行います。

エコウィルの発電量で賄えない部分だけ、電力会社から電気を購入するので、合理的です。

リモコンの画面で、発電量やCO2削減量もチェックできます。

 

省エネ性も抜群で、エネルギー利用率は92%とこれまでのシステムと比較すると、2倍以上のエネルギー効率を実現しています。

寿命は、10年から15年くらいだと言われています。

10年以上経っている場合、修理するよりも交換したほうが良い場合もあります。

使用頻度や家庭での使い方によって寿命は違ってきます。

よく利用している家庭では、耐用年数も短くなります。

スポンサードリンク