waonポイントカードの会員登録の仕方などをまとめてみた。

「waon(ワオン)」とはワンタッチでお買い物ができ、そのたびにポイントがたまる便利でお得な電子マネーのことです。

カードの発行手数料は300円で年会費は無料。

年齢などの発行条件はなく、イオングループのお店や一部の加盟店で誰でも買うことができます。

スポンサードリンク

チャージの上限金額は50,000円で、waonカードを使ってお買い物をすると200円(税込)ごとに1waon(=1円分)ポイントがたまります。

さらに、所有者情報登録するとカード紛失・盗難時に残高を移行させたり、複数のカードのポイントを1枚にまとめたり、ネットステーションの全機能が使えるようになります。

所有者情報は公式ホームページの「waonネットステーション ログインページへ」ボタンから登録することができます。

カード裏面にあるwaon番号とコードを入力してログインした後、名前・生年月日・住所・電話番号などを登録します。

仮登録が済んだら、登録したメールアドレス宛てに確認用メールが届くので、そのメールに書いてあるURLにジャンプして本登録を済ませるだけです。

waonカードと、ポイントカード・クレジットカードの違いについてまとめてみた。

waonカードは、クレジットカードやポイントカードとは大きく異なる、非常に便利で使いやすいものです。

まず、クレジットカードは、厳密には自分で支払うのではなく、クレジット会社による支払い代行が行われています。

そのため、引落し日は商品購入後となり、使い過ぎの原因にもなります。

waonを使用するとポイントがたまりますが、通常のポイントカードでは、カードで買い物できることはありません。

waonは、クレジットカードやポイントカードではなく、さまざまなお店で現金の代わりに支払いができる、電子マネーの1つです。

waonで買い物をするためには、プリペイドカードのように、事前にお金をチャージする必要があります。

買い物をしたその場で残高から代金が引かれるので、クレジットカードのように使いすぎることがありません。

また、ポイントカードのように、ポイントがたまるお店が限定されているわけではなく、どの買い物にもポイントがつきます。

waonは、クレジットカードとポイントカードの、良いところを持ち合わせています。

waonポイントカードのポイントの移行について調べてみた。

普段waonポイントカードを使っている方、これから使ってみようと思っている方、ポイントの移行方法をご存知ですか?せっかくポイントカードを作ってもポイントの移行方法を知らないとお得だと思って作っても有効活用できません。

そこでwaonポイントカードのポイントの移行方法について調べてみました。

まず電子マネーに交換するには、waonステーション、イオン銀行ATMで交換可能です。

移行方法は、ポイントサービスを選択しwaonポイントカードを専用機械に置きポイントをダウンロードします。

ダウンロード可能ポイントと直近の有効期限ポイントが表示されていますので確認後、交換したいポイントを入力します。

決定ボタンを押すとポイントがチャージされて移行が完了となります。

これでポイントを移行する方法が分かったと思います。

ポイントカードを次に使う前には、一度お近くのイオン銀行ATMかwaonステーションへ行き移行を試してみましょう。

スポンサードリンク