InternetExplorerと、GoogleChrome・Firefoxの違いは?

ウェブページを閲覧する際に使用するブラウザは、IE、GoogleChrome、Firefoxの3種が有名です。

どれも似たような機能を持っていますが、それぞれ基本的な部分で大きな違いがあります。

IEはマイクロソフトが独自に開発したレンダリングエンジンを採用しており、他のブラウザに比べると表示速度が若干遅いと言われています。

スポンサードリンク

しかしパソコンの購入時にすでにインストールされているため、気軽に使える点は大きな特徴です。

GoogleChromeはblinkと呼ばれるレンダリングエンジンを使ったモダンブラウザで、表示速度が速いのが特徴です。

タブ管理機能が充実しており、あるタブで問題が発生してもブラウザ全体に影響を与えない作りになっています。

アドオンで機能を追加することもでき、使いやすいようにカスタマイズできる自由度もあります。

FirefoxもGoogleChromeと同様のモダンブラウザで、表示速度の速さと正しいHTMLレンダリングを実現させています。

アドオンによるカスタマイズはもちろん、ウェブページを読みやすく表示する機能も持っており、使いやすさでも秀でています。

インタネットプラウザーで有名な、

InternetExplorerと、GoogleChrome・Firefoxの使い分けるコツとは?

3種のブラウザを比較すると、パフォーマンスやスピード、豊富なアドオンという点ではGoogleChromeが優れていることから、ブラウジングを快適にするために、普段使いのブラウザとしてはGoogleChromeが最適です。

2017年のアップデートにより、ウイークポイントだったメモリの使用量が劇的に減少、リソースへの負担が改善されたことによりパワー不足のシステムでも利用が楽になりました。

Firefoxは、個人情報の漏洩を強固に防ぎたい時に真価を発揮します。

トラッキング保護をイネーブルにした状態でプライベートブラウジング機能を運用すれば、趣味嗜好に沿ったトラッキング広告等を簡単に非表示とできるため、快適なブラウジングが可能となります。

これらのブラウザで表示が崩れたり、表示できない場合はIEの出番です。

セキュリティ面を考慮し確実に月例パッチをあてる必要がありますが、IEを基準にWebサイトを制作している企業は多いため、必要となる場面は少なくありません。

InternetExplorerと、GoogleChrome・Firefoxのどれを使うべきか?

PCを使っていて、悩みどころとなるのが、インターネットをどのブラウザで楽しむのが最適かということかもしれません。

色々なものが登場していますが、主流となっているのは主に次の3つでしょう。

マイクロソフトが手がけているIEは、スタンダードな存在です。

標準的にインストールされているブラウザで、機能性は高く、多彩なコンテンツに対応している点は魅力です。

ただ、少し動作が重いという点が難点で、ここから、他のブラウザを選ぶ方も少なくないでしょう。

GoogleChromeは余分な機能は排除された、軽量級ブラウザで動作は快適です。

もたつきも少なく、利用者が増えているブラウザです。

機能拡張も付き、色々な機能を付加することも可能になっています。

Firefoxは、立場的には上記の中間的存在と言えるでしょう。

安定的な動作が人気で、IEから乗り換えるためのブラウザとしては定評があります。

これらのブラウザは、操作性も異なりますし、動作のスピードもマシン環境で異なります。

いくつか試してみて、使いやすいものを選んでいくと良いでしょう。

スポンサードリンク