excelと、wordの使い分けるコツとは?

excelと、wordの使い分けるコツとは?という疑問を多く見掛けますが、そこまで難しく考える必要はありません。

excelは主に数字の処理で多く使われます。表に分かりやすくまとめたり、データとしてグラフにあらわす時にはexcelが非常に便利です。資料などを制作するときは、数字をデータ化することが多いです。

なので、事務処理や経理の現場では多く使われます。

スポンサードリンク

wordは基本中の基本ともいえるテクニックで、パソコン操作で一番最初に覚えるのがwordだと思います。

wordは主に文章を書くときに使います。資料制作では必ずwordを使います。

ここまでの説明で、2つの違いが分かったと思います。

この2つを使い分けるコツは、目的によって使い分けるのが一番良いです。

文章による案内や、文章による説明を載せたい場合はワードの方が適しています。

数字を分かりやすくまとめたり、グラフとして載せたい場合はエクセルが良いです。

いまさら誰にも聞けない、excelと、wordの違いは?

OAスキルは、社会人として必要不可欠なスキルです。

入社後の研修でOA研修を行っている企業も多数あります。

OAスキルを発揮してデータや資料作成をサクサクとこなせるようになれば、一人前の社会人として認められるでしょう。

しかし、日々の業務の中で「この場合はどのソフトを使えばいいのか」と迷うことはありませんか?特に頻繁に使うexcelとwordの使い分けをマスターすると、業務効率も上がります。

excelとwordの違いをおさらいしてみましょう。

まず、excelは表計算ソフトです。数字を扱ったりグラフを作成する目的で使用します。

中でも便利なのは関数が使えることです。関数を使いこなせるようになると複雑なデータなどの作成も可能です。

対して、wordは文書作成ソフトです。文章をわかりやすく表示させたり、書式設定を使えば綺麗な文書を作成することが出来ます。

従って、数字やデータを利用する場合はexcel、長い文章を作成する場合はwordが向いています。

excelと、wordのお互いのメリット・デメリットについて。

Microsoftには非常に便利なアプリケーションがいくつかありますがその代表的な存在としてexcelとwordがあります。

これらはそれぞれ非常にメリットの多いアプリケーションでもありますが、目的によっては使いにくい点もありますので2つを使い分けて利用するというのが一般的に好まれています。

一般的に指定の範囲内に文章を作ると言う目的の書類作成をするのであればwordの方が管理しやすいものであると言えるでしょう。

しかしながらExcelのように様々な画像を使ったりグラフを作成すると言う機能がありませんのでそのようなものを使いたい場合には不便さを感じることになるでしょう。

一方でexeleも表計算やグラフ作成など様々な機能を盛り込んでいる点についてはメリットが大きいと言いますが、指定のサイズの中に文章を作ると言う機能においては使いにくい部分があります。この点についてはデメリットであると言えるでしょう。

これら2つのアプリケーションを使い分けて1つのものを作り上げるというのが一般的には好まれています。

スポンサードリンク