スポンサードリンク

銀魂のTVアニメと映画の中で、マニアが進める、おすすめなのシーンを集めてみた。

銀魂と言えばシュールなギャグが人気を博している少年ジャンプの人気連載作品です。

全編にちりばめられるギャグシーンが面白いのは勿論ですが、シリアスなストーリーもしっかりしているというのが魅力です。

その中からおすすめのシーンを選び抜くのであれば、やはりTVアニメだけではなくアニメ映画化、実写映画化が行われた紅桜のストーリーが挙げられます。

物語の中盤のストーリーではありますが、銀魂が持っている豊富なキャラクターのそれぞれの考え方がぶつかる重厚なストーリーを味わうことが出来る点が大きな魅力となっています。

笑いあり、涙ありのストーリーが魅力であるとともに、公式が病気と言われるほどぎりぎりの路線で作品を世の中に送り出しているアニメ作品には原作にはないパロディがふんだんに盛り込まれているので魅力です。

他作品のパロディが非常に危険なレベルで行われている点を楽しむことが出来るのが原作にはないTVアニメの魅力の一つです。

銀魂のマニア必見!グッズや、一番くじ一覧をまとめてみた。

今年実写化になり、話題になった映画があります。

幅広い年齢層に人気の銀魂です。

原作や映画を見て好きになった方の中には、グッズを集めている人もいると思います。

様々なアニメの一番くじがいま流行っています。

本屋さんやゲームセンターで販売されており、銀魂の一番くじは2009年より発売されています。

くじ引きの最後に引いた方がもらえる、ラストワン賞はとても人気です。

マニアなら欲しいグッズ仕様になってます。

コンビニの、コピー機で購入できるくじもファンの間で人気を博しています。

プリントくじは、豪華な衣装に身を包んだキャラクター達が印刷されてます。

手軽に購入出来て、値段が安いのも人気の秘密です。

家でも、着用できるようなグッズもあります。

物語の登場人物になりきれることができます。

イベントの際には、コスプレも楽しめます。

外出時に使えるカバンや、携帯ケースも便利です。携帯ケースは、男女どちらでも使いやすいデザインの物も発売されてます。

銀魂のTVアニメと実写版との違いについてまとめてみた。

映画のベースとなったエピソードは、過去にTVアニメ版でも放映された「紅桜篇」です。

人気エピソードである紅桜篇は、2010年に「新訳紅桜篇」というタイトルでアニメでも映画化しました。

銀魂の原作は、少年ジャンプで連載中の漫画です。

原作の漫画で公開された後、アニメでのTV放映、アニメでの映画化と経て、実写版の映画化がされました。

TVアニメ版と実写版との紅桜篇の大きな違いは、真選組の存在です。

紅桜篇のシナリオに真選組の出番はほとんど無かったのですが、実写版では真選組はたくさん登場します。

実写版の冒頭では、真選組が中心のエピソードである、「カブト狩り」の話が追加されました。

紅桜篇のシナリオ本編の最終決戦にも真選組は登場しませんでしたが、真選組が乗り込んでくるという改変があります。

そして、TVアニメ版には無かったギャグシーンが大幅に増えています。

話の大筋に関係の無いところで、シナリオを壊すことなくギャグシーンが実写版では組み込まれています。

CTLチャンネルの更新情報はこちらから

友だち追加