顔が常に赤い状態が続いてしまうと「赤ら顔」という所いう症状になります。

この状態になると清潔感がないような印象になってしまい、コンプレックスになることも考えられます。

症状っを改善するには、原因を知って改善していくことが必要です。

しかし、症状を引き起こす症状は様々なものがあり、顔が赤くなっていれば全てが赤ら顔と分類されてしまいます。それぞれに原因は異なるため、自分の悩みにあった原因を考慮してから対策していきます。

 

まず挙げられるのが、血管の血液で肌赤く見える状態です。

血管が膨張して流れる血液の量が増えた、皮膚そのものが薄くなっているとと通常肌の上からでは見えない血液が透けて見えてしまうことがあります。

人前に出ると赤くなってしまうという場合には、赤面症と呼ばれるタイプです。緊張やストレスを感じると自律神経が働き血管が拡張されて顔が赤くなります。

鼻や頬が赤くなる、または気温の変化で赤くなりやすいという場合には、皮膚が薄くなっていることが考えられます。

 

鼻や頬は毛細血管が集まっている場所で、皮膚が薄くなっていると血管の変化がダイレクトに現れます。

 

皮膚が薄いと少し血管が広がっただけでもすぐに赤くなってしまい、気温の影響も受けやすいとされています。

 

血管ではなく皮膚そのものが赤くなっているケースもあります。

 

肌荒れしてしまうと程度によっては皮がむけたり、かぶれるなどの赤くなりやすい状態になります。また、ひどい場合には粉を吹いてしまうこともあるため注意が必要です。

 

赤ニキビも原因となります。ニキビは毛穴に古い角質や皮脂が詰まることによって引き起こされる皮膚の炎症性疾患です。

 

炎症によって皮膚が赤くなりますが、本来なら徐々に治っていくニキビがストレスや間違ったスキンケア。

 

食生活の悪さなどの要因になって肌の調子が悪くなることで、治りにくく治ってもすぐに炎症を起こしてしまうという状態が続いてしまいます。

 

肌がいつまでも炎症状態が続くことで、そのまま色素沈着を起こして赤ら顔になることもあります。

 

皮脂分泌が多いことで炎症が起こることもあります。これは脂漏性皮膚炎と言いますが、毛穴が開いて赤くなるという特徴があり、ニキビも起こりやすい状態で、この症状が同時に起こることで赤みが増します。

 

 

このような症状を改善するためには、生活習慣や食生活などを改善するのと同時にスキンケアをきちんと行っていくことが大切です。

 

改善するためには、洗顔から見直します。洗顔のしすぎや力強く洗ってしまうと、肌の刺激と負担になってしい乾燥につながり赤くなってしまいます。

 

皮脂の汚れは朝晩の洗顔で十分に落とすことができるため、それ以上洗わないようにします。その上で、たっぷりの泡を作って皮膚を触らないように気をつけながら洗っていきます。

洗顔料はなるべく刺激の少ないものを選ぶことが大切です。

 

炎症による症状を改善するには、生活習慣を整えることも重要です。

 

規則正しい生活をすることでホルモンバランスが整っていきます。ホルモンバランスが整えば過剰な皮脂が出ることもなくなり、ニキビの改善につながります。

 

食生活も脂質や糖質の多い食事はニキビの原因です。それを避けるためには野菜を中心とした食生活に切り替えて、バランスの良い食事を取っていき、皮膚の調子を整えるビタミンCなどを積極的に取り入れていくことが効果的です。

 

 

スキンケアを行う場合には、専用の化粧品である「しろ彩」がオススメです。

 

赤ら顔に効果的な和漢植物エキスが豊富に含まれており、優しく肌をケアすることができます。

 

ショウガ根茎エキスは、血液の流れを良くする作用があります。保湿効果にも優れていることからエイジングケアにも効果を発揮します。

 

甘草エキスは、肌の潤い成分の一つであるセラミドの合成機能があります。セラミドは高い保湿効果のある成分で、生成が促されれば肌のバリア機能を高めて刺激に強く、ニキビのできにくい肌を作ります。

 

ブクリョウは薬膳料理にも使われる材料です。消炎効果や保湿機能があり肌をしっとりさせる効果があります。

 

また、皮膚を再生させる効果も期待できるほか、利尿作用もあるため皮膚のリンパの流れを促してむくみを予防したり、老廃物の排除をすることでターンオーバーを促す作用なども期待できます。

 

センキュウは血行促進効果のある成分です。また、消炎効果や鎮静効果などもあることから炎症を抑えてくすみの予防や肌荒れの予防などにも役立ちます。

 

このような様々な成分が含まれている上、肌に吸収されるとコラーゲンの生成を促す作用や皮脂の分泌をコントロールすることで、ニキビを抑制する効果のあるビタミンC誘導体、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンと高保湿な成分も含まれています。

 

浸透力も高いためしろ彩は、赤ら顔を効果的かつ効率的に改善していくことができます。

 

ただし、症状が重い場合には皮膚科を受診することが大切です。