インフルエンザは潜伏期間中でも伝染るのか?

インフルエンザは人から人へと伝染るものですから、感染した患者の近くにいる人はよくよく注意しなければいけません。しかし潜伏期間だと、目立った症状がないので、気が付かずに接してしまいます。

 

では、潜伏期間中にインフルエンザウイルスを持つ患者に接すると、伝染ってしまうのかというと、その可能性はあるというのが答えになります。とはいえ、潜伏期間中はまだウイルスが増殖している最中で、発症したあとよりも感染力は低いです。ですから、周囲にいる人がインフルエンザにすぐなるのかというと、健康的な人であれば各自の免疫力で退治してしまうので、何事もなく終わってしまいます。

 

だから、何も気にしないで良いのかというと、やはり感染する可能性がゼロではない以上、インフルエンザが流行する時期はマスクをしておく、うがい手洗いはかかさない、タオルなど日常的に使うものは個別にしておく、と言った対策を普段からやっておくことでいざという時に対処できます。

インフルエンザになりたくない!その対策とは?

寒い季節になると増えるのはインフルエンザです。ウィルスは、低温と乾燥の条件が揃うと活発に活動する為です。また学校や会社などでは、閉め切った部屋に大人数の人が集まるので、あっという間にインフルエンザが広まってしまいます。

 

インフルエンザになると、突然高熱が出ます。重症化するとインフルエンザ脳症などになってしまう場合もありますので注意が必要です。なので対策をしなければなりません。

 

なるべく秋のうちに予防接種をする事をお勧めします。注射をしてもインフルエンザには罹ってしまいますが、症状が軽く済んだり、脳症を防いでくれる効果も期待出来ます。特に、小さいお子さんや高齢者は注射をしておくと良いでしょう。

 

他の対策としては、部屋の乾燥を防ぐ為に加湿器などを使って加湿すると良いでしょう。また人ごみに出掛ける時にはマスクを装着しましょう。その場合はきちんと鼻までマスクで覆いましょう。あとは外出先から帰ったら必ず手洗いとうがいを行いましょう。

インフルエンザの治療方法で効果的なものは?

冬になると爆発的に流行するのがインフルエンザです。1人が罹るとあっという間に周りの人にうつって大流行してしまいます。インフルエンザに罹ると、関節痛になったり40度近い高熱が出たりします。前触れがなく突然高熱が出るのが特徴です。

 

事前に予防接種をしてある人は、軽く済む場合もあります。しかし重症化してしまうと、脳症に罹ったり死亡する人も出てしまう怖い病気です。

 

昔はインフルエンザに罹っても特効薬はなく、治療方法は自宅で安静に過ごすしかなかったインフルエンザですが、今では特効薬が出ています。なので高熱が出て受診をして検査をして貰い、陽性になったらインフルエンザ専用の薬を処方して貰えます。しかし幻覚などの副作用がある場合がありますので、気を付けなければなりません。

 

最近では吸引タイプの薬もあります。1回吸い込むだけで済んでしまうのでとても簡単です。何度も薬を飲む必要がないので、小さいお子さんなどにはとても便利な薬です。