スポンサードリンク

フライドチキンによりよくおいしくあげるコツをまとめてみた。

美味しいフライドチキンの条件は、衣がサクッとしていて中身がジューシーなことです。

フライドチキンをよりおいしくあげるにはコツがあります。

まずチキンをジューシーに仕上げるには、塩水につけるのが一番です。

スポンサードリンク

なぜなら鶏肉は油分が少ないので、塩水に漬けることで柔らかくなるからです。

塩水が筋肉のたんぱく質をゆっくりと分解し、たんぱく質のミオシンが分解してくれます。

塩水には約6時間ほどつけると効果的です。

サクッとした衣に仕上げるには、牛乳がおすすめです。

衣に牛乳を入れるだけで、油が衣の隅々にまで行きわたり、サクサクなフライドチキンに仕上がります。

衣は薄めにつけるのがコツです。

油で揚げる時は、油の温度は中温の170℃に設定します。

美味しくあげるには、1本ずつ4本ほどいれます。

一度にたくさん入れると油の温度が一気に下がり、火の通りが悪くなりカラッと揚がらなくなります。

菜箸で鶏肉を転がすようにして返しながら4分から5分揚げ、いったん取り出します。

揚げ油を180℃の高温に上げ、2度揚げしていきます。

2度揚げすることで、中までしっかり火が通り美味しく仕上げることができます。

フライドチキンは、コツさえつかめば誰でも簡単に美味しく作ることが可能です。

子どもから大人まで大人気のフライドチキン理由についてまとめてみた。

親と子供だけの家庭であれば、食事のメニューを考えるのはそれほど大変ではありませんが、幅広い年齢に人気があるメニューであれば、みんなが喜ぶ食事を作る事が出来ます。

子供だけではなく大人にも大人気のメニューの中にはフライドチキンがありますが、なぜそれほどまでに人気があるのでしょうか。

フライドチキンが人気の理由としては、購入しやすい価格という点や食べやすさというのがあるでしょう。

フライドチキンは比較的、手に入れやすい価格で販売されていることが多いですので家計に優しくなっています。

家族分を購入しようと思っても高くはありませんので、買う時にも躊躇しにくいはずです。

食べやすいという点でも人気があり、小さな子供でも、高齢の人でも柔らかいですので簡単に噛み切れるはずです。

ナイフで切らなくてはならないような料理であれば、食べるのが面倒になりますが、フライドチキンであればかぶりつくだけで食べられるので子供一人でも食べやすくなっています。

フライドチキンはボリュームがありますので、お腹が空いている時にも最適なメニューです。

一つ食べただけでもお腹が膨れてくるのもあり、食べ盛りの人達にとっても人気があるのがわかります。

家庭で作れる、フライドチキンレシピを探してみた。

特別な日など家族でパーティーをする際に、フライドチキンを食卓に出すご家庭は少なくありません。

しかしフライドチキンは揚げ物なので、どうしても市販されている調理済みのチキンを購入することが増えてしまいがちです。

しかし作られてから時間が経っているチキンは風味が落ちてしまいがちですし、作りたてのジューシーさと周りがカラッと香ばしい仕上がりは自宅での揚げたてが1番おいしいといわれているので、最近では自宅で本格的なフライドチキンを作りたいと考えている方も増えてきています。

そこで家庭でも作れるフライドチキンのレシピをご紹介します。

まず用意するチキンは鶏むね肉、手羽元、鶏もも肉の好きな部位を選ぶか、全部の部位を用意しておきます。

鶏むね、鶏モモ肉は一口大にカットしておきキッチンペーパーで肉の水分を吸い取っておき牛乳200ccと卵1個を混ぜておいたものに漬けておきます。

小麦粉100g、オールスパイス少々、ガーリックパウダー小さじ1/2、塩大さじ1と黒胡椒少々、味の素小さじ2と砂糖小さじ1を混ぜ合わせた粉に肉をまんべんなくまぶしてから180℃に熱した油でチキンを2~3分揚げます。

一度油から上げた後に予熱で二分ほど火を通し、最後に200℃の油でさらに2~3分二度揚げすれば完成です。

スポンサードリンク