スポンサードリンク

外国人が日本に来て食べたい寿司のネタはとは?

外国人が日本に来て食べたい寿司のネタは、サーモンが人気です。

特にカリフォルニア州では、独自に開発されたカリフォルニアロールが人気で、マヨネーズを使用したサーモンの巻き寿司が非常に好評だからです。

日本に来て馴染みのあるサーモンが人気になるのはごく普通であると言えるでしょう。

スポンサードリンク

他には、外国人には卵が人気です。

卵というと魚ではないことから、寿司とは言えない事がありますが、外国人は生の魚を食べる文化が少ないので、卵を食べることが多いです。

日本の卵は、出汁が入っているので非常に美味しく、出汁の文化がない外国人にとっては非常に好評的になります。

それだけでなくわさびも入っていないので、わさびの辛味が苦手な方にもおすすめできるのです。

三番目に人気なものは、マグロです。

特に海外では、マグロが珍しく中トロは食べられることがほとんどありません。

海外にいる寿司職人もマグロや中トロが店に出ることがないことが多いと言っているので、日本でしか食べられないマグロや中トロを食べたくなることは普通のことであると言えるでしょう。

日本の中トロは非常に多い脂が載っていて、甘みがあるところから、外国人には非常に人気になっています。

寿司の歴史についてまとめてみた。

寿司は、今や世界中で大人気となっており、諸外国でもそのままの発音「Sushi」で通じるほどです。

ちなみに、寿司の語源は酢飯からきていると言われていますが、平安時代の頃まではご飯の部分は取り除いて食べていた様です。

これは、そもそもの起源が東南アジアの魚肉保存食であることが関係しています。

つまりご飯の部分は、寿司の最初の段階ではあくまでも魚を発酵を促進する材料に過ぎなかったということです。

なお、ご飯も食べるようになったのは室町時代からとされていますが、文献資料からはっきりとした形で確認することは出来ません。

現在のように握り寿司の形で食べるようになったのは江戸時代の末期で、文献上の初出は1827年作の「誹風柳多留」です。

1837年に起稿された「守貞謾稿」によると、誕生するや否や江戸中で大人気となり、文政の末になると関西にまで広まります。

ちなみに、最初に登場したころの握り寿司は今のおにぎり程度の大きさで、かなりのボリュームだったようです。それが現在のサイズになったのは明治の終わりごろのことです。

このように寿司は、トータルでは1,000年以上の歴史があるのですが、今の姿になったのはつい100年前ということになります。

高級寿司店と回転寿司店のすしの違いについてまとめてみた。

大きな違いとしては、ネタの仕入れ先がことなるため、鮮度が大きく異なる点です。

回転寿司ではコストを下げる必要があるので、高級なネタを仕入れることが出来ず鮮度が落ちてしまいます。

対して、高級寿司店の場合は仕入れの値段にこだわることもありませんので、鮮度の高い良いネタを仕入れることが可能です。

次の違いとしては、高級寿司点の場合は長い間修行を積んだ熟練の職人の方が握ってくれますが、回転寿司の場合は職人ではなく、ロボットを利用して握るので、味に大きな違いが出てきます。

職人の手で握ったものは美味しさを感じることが出来ましが、ロボットを利用して作ったものは職人が握ったものに比べるとそこまで美味しさを感じることが出来ません。

また高級寿司店では、本マグロなどの高級なネタを食べることが出来ますが、回転寿司の場合には価格が一律で決まっているため、本マグロなどの高級な食材を利用することが出来ないところになります。

回転寿司で出すことが出来る商品は一般の方が利用しやすいように安価で食べることが出来る価格にされている場合が多いので、高級なネタを使うことが出来ません。

そのため、本マグロなどを食べたい場合には高級なところを選ぶ必要があります。

スポンサードリンク