意外と知らない本当の口臭の原因とは

口臭は自分ではなかなか気付きにくく、他人から指摘されて初めて気付くこともあります。また、改善しなければならないことは分かっていても、その原因が特定できないということも少なくはないです。

 

口臭の一番の原因としては、虫歯や歯周病、歯肉炎や口内炎など口内に存在するものです。これらの場合には、歯科医や口腔科などで改善することができるため、比較的短期間で口臭を緩和させることが可能です。

スポンサードリンク

 

しかし、口内は至って清潔であるにも関わらず、なぜか口臭が長期間続くということもあります。この場合には口内よりもさらに奥、つまり内蔵に原因があると考えることがあります。しかもそれは場合によっては、非常に重大な疾患のサインを現している可能性もあります。

 

内蔵が原因の場合には、特に食道や消化器官に原因がある場合がほとんどです。たとえば胃の消化活動能力が低下していたり、腸の分解能力が悪く、老廃物が溜まっていたりなどが挙げられます。

 

また、希にガンなどの重大な疾患がサインを出しているという可能性もあるため、たかが口臭と油断せず、特に長時間続く場合には早めに医療機関へ訪れるようにしましょう。

本当は怖い!口臭に隠れた疑われる病気

口臭がする病気は多いです。病気が疑われる口臭はニンニクなどの食べ物やアルコールによる口臭とは違います。歯周病などの病気が疑われる口臭の原因のほとんどは口の中の異常です。

 

口の中の異常は下に白い苔状のものが生えることなどです。なお虫歯になると口臭がすると思う人も多いでしょう。ですが、虫歯ではあまり臭いません。例えば糖尿病だとケトン臭がします。ケトン臭は甘酸っぱい、あるいはマニュキュアの除光液のような臭いです。
ケトン臭は糖尿病が進行してインスリンの分泌量が不足すると生じます。

 

肺炎、副鼻腔炎などでも臭います。肝がんや肝硬変が進行している場合でもアンモニア臭がします。肝臓病が進むと、本来は肝臓で代謝されるアンモニアが尿素に分解されません。このためにアンモニア臭がします。

 

他にも胃、十二指腸に潰瘍がある場合、腎不全による尿毒症の場合、何らかの感染症などでも臭います。尿毒症だと魚の腐ったような強い臭いがします。

口臭を予防できるサプリがあるって本当なの?

口臭はお腹の中から発生することもあり、こうした症状はサプリで予防することができます。シャンピニオンやローズエキスなどは定番であり、お腹から消臭作用を発揮してくれるでしょう。

 

シャンピニオンはすべてのニオイに効果的と言われているので、口臭だけでなく体臭・加齢臭の予防にも役立ちます。ローズエキスは飲む香水と呼ばれており、体内からよい香りを漂わせることができるでしょう。サプリは副作用がないため、毎日のケアとして使用できるのがメリットです。

 

口臭予防サプリは、ニオイが強いときに飲むタイプと、長期連用するタイプがあります。

 

前者はにんにく料理を食べたあと、喫煙したあとなどに利用するものです。清涼感でニオイを消して、お腹の中から爽やかにしてくれます。後者は毎日飲むことでニオイが発生しにくい体質に変えることができます。

 

体臭・加齢臭が強くなる年齢になると、口臭も同様に強くなっています。口臭対策のためにも予防サプリを活用してください。

スポンサードリンク