その症状は双極性障害かも?悪化する前に早めにチェックしよう

双極性障害は(躁うつ病)は、躁状態とうつ状態が交互に現れる精神疾患です。

その症状は気分が高揚し、興奮、怒りっぽくなるなどの躁状態と、その反対に気分が落ち込んで気力を失い、自殺願望を抱くなどのうつ状態が交互に現れ、繰り返します。

スポンサードリンク

双極性障害に気づかずに悪化してしまうと、社会的な信頼や信用を失ってしまうこと、また自ら命を絶ってしまうなどの危険性があります。

 

双極性障害は症状の現れ方は個人差があることや、本人に躁状態の自覚がないために、その診断が難しいとされています。

周りの人や医師にチェックをしてもらうなど、早めに発見、診断、治療をすることが大切です。

この疾患とうつ病は、同じようなうつ症状があるために誤診をされやすいものですが、全く異なります。

違いは、双極性障害はうつ状態が急激に発症すること、重症化しやすく幻覚や妄想などの精神症状を伴いやすい傾向があります。

診断が難しく時間がかかることや再発しやすい疾患であることから、悪化する前に慎重にチェックし、的確な診断と治療をすることが重要です。

双極性障害の治療薬と治療費 入院することもある?

双極性障害とは気分が高揚するそう状態と、非常に落ち込む鬱状態の両方が同じ患者に出現する精神的な疾患です。

基本的には脳の障害と考えられていて、治療薬としては大きく二つに分けられます。

一つ目が気分を安定させるお薬でリチウム製剤やバルプロ酸、カルバマゼピンといったお薬がその代表例です。

もう一つが否定形抗精神病薬でオランザピンなどがあります。

前者は病状の悪化を予防するお薬、後者は特に躁上体の治療に用いられますが、両方の作用を持つお薬も出てきています。

 

治療費はもちろん保険適応です。

ですから、1回の診療で多くても薬代も併せて数千円といったところでしょう。

もちろん使用するお薬の数や量が増えれば治療費は多くなります。

双極性障害でも鬱の要素が大きく重度である場合、特に自殺願望が強く出てしまっている場合は自殺の危険もあるため、

その予防のために医師の判断で入院が必要になることもありますし、躁状態が強く他人に危害を加えてしまう可能性がある場合なども入院が必要な時もあります。

双極性障害の人が仕事復帰するためには?

双極性障害になり、仕事に行きたくない、仕事が続かないという状況になることがあり、仕事復帰したくてもなかなか難しいという肩もいるでしょう。

ですが、そのままの状態では仕事をすることができずに生活なども厳しい状態が続いてしまいます。

対策としては、少しずつ仕事に慣れていくことや比較的生活リズムが乱れない仕事を見つけることも大切です。

定期的に仕事をすることに対して慣れることで自然と社会復帰することができるでしょう。

ただし、最初から極端に頑張りすぎないことや仕事的にもあまりストレスが過度に溜まらない職場を探してみることも必要です。

身体的疲労、精神的ストレスが溜まりやすい職場は、心身共にかなりの負担となり、仕事がつらい、辞めたいと感じてしまいがちです。

そのため、収入面などを重視するよりも作業内容や残業などが少ない仕事を選ぶことも一つの方法です。

アルバイトや派遣といったスタイルで仕事をしてみることも仕事復帰へのきっかけとなるでしょう。

スポンサードリンク