スポンサードリンク

シルバーウィークの5連休になる条件・次回のなる年を調べてみた。

ゴールデンウィークは、日本における独特の長期の連休になります。

4月29日の昭和の日から5月5日の子供の日、その他それを挟む土日などをを含めた期間を差します。

年によって連休が多くなる日と少なくなる日がありますが、5月3日から5日までは確実に3連休があるため、常に大型連休として設定されています。

スポンサードリンク

土日とうまく組み合わさると5連休になったり、さらに有給休暇などと組み合わせる人もいます。

その他の大型連休としてシルバーウィークがあります。

9月の中旬に生じる連休を差し、こちらも年によって連休の日数が異なります。

敬老の日は以前は9月15日でしたが、今は9月の第三月曜日になりました。

これによって必ず3連休ができます。

その後に秋分の日があり、こちらは年によって少しずつずれます。

この敬老の日が遅くなって、さらに秋分の日とうまく組み合わさると大型連休になります。

2015年は敬老の日が9月21日、秋分の日が9月23日、祝日に挟まれた22日も国民の休日となり5連休になりました。

次に同じ様に連休ができるのはいつかですが、2026年になります。

2026年のパターンは2015年のパターンと同じです。

21日の敬老の日、22日の国民の祝日、23日の秋分の日に土日が組み合わさった5連休になります。

ゴールデンウィークのように毎年はないものの、いつか起こる期待はできます。

シルバーウィークに行きたい観光地ベスト5を作ってみた

9月に訪れる大型連休のシルバーウィークを楽しみにしている人は大勢います。

家族やカップル、友人同士で遠出の旅行を計画している人も増えているのです。

誰もが行ってみたい観光地のベスト5としては、秋の紅葉を満喫できる観光スポットが挙げられます。

京都や関東近県にある伝統的な寺院は、厳かな雰囲気の中で癒されるパワースポットとしても女性たちから絶大な支持を集めているのです。

その他には、フルーツ狩りもファミリー層から人気です。

季節に合わせて旬の甘い果物を自分の手でとって食べられるプランは、心から満足できるレジャーとなっています。

さらに、豊富なアトラクションが用意されている遊園地は、子供から大人まで幅広い世代が楽しめる点が魅力です。

子供連れには珍しい動物が間近で見られる牧場も絶対的な関心を寄せられています。

搾りたてのミルクやチーズを味わうことができる手作り体験、工房なども用意されているため、非常に興味深く思い出に残る観光地として親しまれているのです。

このように、シルバーウィークに出かけるなら事前に下調べて心から満喫できるエリアを厳選しておくと安心といえます。

近場で日帰りで行ける観光地も多く、気軽に遊べます。

シルバーウィークの由来について調べてみた。

シルバーウィークは数年に一度の程度にはなりますが、秋分の日の日程により実現可能となる9月の大型連休のことを意味します。

9月には敬老の日と秋分の日がありますが、敬老の日は第三月曜日と決まっているため、とりあえず土日含めた三連休になります。

そしてこの三連休に合わせて秋分の日が敬老の日の二日後の水曜日に来ると、祝日法により間の火曜日が国民の日となるので、結果五連休と言う大型連休になります。

このシルバーウィークの由来ですが、そもそもゴールデンウィークと言う名称から派生しています。

シルバーとは敬老の日があるから老人のイメージカラーとも言えるシルバーを付けたのではなく、2008年にある日本企業が行った2009年度のカレンダー調査から付いた名称です。

この調査では、インターネット上で9月の大型連休の名称を何にしたいかという質問を行ったのですが、5月の大型連休がゴールデンという名称が付いているので9月はシルバーが良いのでは、と言った回答が多かったことが由来とされています。

またこの調査結果がニュースなどで報道されたことにより、世の中に広まったので、シルバーウィークと言う名称が定着したとされています。

このような由来があるため、一般的な三連休や四連休などのことはシルバーウィークとは呼びません。

またシルバーウィークの名前を知らない方は、9月の連休のことを秋のゴールデンウィークと呼ぶ人もいらっしゃいます。

スポンサードリンク